(出典)読売新聞・・・レセプト債破綻(やはり根付くのに時間がかかった!?)


レセプト債破綻



読売新聞11月8日
証券会社も「寝耳に水」の事態…レセプト債破綻


 医療サービスに対して支払われる診療報酬を基にした金融商品(レセプト債)を全国に広めていた資産運用会社「オプティファクター」(東京都品川区)が、破綻していたことがわかった。

 債券を取り扱う証券会社も寝耳に水の事態だといい、ある証券マンは「顧客の資金が焦げ付く可能性がある」と話している。

 診療報酬は通常、患者を診療した医療機関が、健康保険組合側に請求して約2か月後に支払いを受ける。すぐに現金が必要な医療機関はこの請求権を、同社が運用するファンド3社に売却。ファンドは後から手に入る診療報酬を裏付けとして債券を発行し、全国七つの証券会社を通じて投資家に販売していた。

 診療報酬は不正請求でなければ、健康保険組合側からほぼ確実に支払いが行われるため、これを基にしたレセプト債は一般的に安全性が高いとされている。

証券会社は資産運用会社の信用調査をどう見ていたか疑問を呈するところである。

"(出典)読売新聞・・・レセプト債破綻(やはり根付くのに時間がかかった!?)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント