『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来?

【11日割高株式先物売後、割安債券先物買戻動向】      
画像

NYダウが8日ぶりに反発したことなどから日経平均先物は買い優勢で取引を開始した。買戻しを巻き込んだ上昇で6月24日の年初来高値20950円にあとワンティックまで迫ったが、新規の買いが入らなかったことなどから失速。20900円レベルでのもみ合い後、中国で人民元切り下げが伝わると中国景気に対する懸念が売りを誘発し20600円台を割り込む場面も見られた。売り一巡後は下げ幅を縮小したが、陰線を残し取引を終えた。日経平均先物の手口では、野村が3000枚超の売り越しとなった一方、モルガンが3000枚超の買い越しとなった。TOPIX先物では、Nエッジが売り筆頭となった一方、JPモルガン、バークレイズが買い方上位に並んだ。
大引高値引けと、ローソク足はテクニカル的に先安見込を示す「陰の寄付坊主」が出てきている。
【注意点】
HF解約予告は5月、SECに登録しているHFの解約支払いは6月12月なので5、6、12月は割安で買える月である。

次にTopix先物を見てみましょう。
Topix先物動向分析についてはこちらTopix先物を御参照下さい。

【日経JQ平均一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】               
画像

本日のJASDAQ市場では、JASDAQ平均、J-Stock Index、JASDAQ-TOP20ともに反発となった。値上がり数は407、値下がり数は321、変わらずは82。JASDAQ平均は朝方から買い優勢の展開となり、日経平均の急速な伸び悩みで後場寄りは売りが優勢となったものの、売り一巡後は再度切り返す。主力大型株の決算発表一巡で、短期的な出遅れ感が強い新興市場銘柄へと関心がシフトする状況にもなってきているようだ。当市場では高値警戒感が観測され急下落でNASDAQ、東証二部、日経平均先物と連動する事からJQは米国など原油安効果をクレジット返済などに回しデフレ化が見られ中国を震源地とする新興国経済減速懸念状況から、決算良好会社が少なく市場エネルギー不足、Vix・JCDSが下落後、「中国通貨切下」報道から「買いたい弱気」が発生後、アセットマネジャー達が「割高外需株売却後割安内需株購入」型ヘッジ戦略を行い内需資金に製造業中心で中国購買力無関連銘柄に若干買が発生した。6月24日年初来高値を上回るときもあるので資金は入り日本最高戦略に沿ったシステム開発、IPO関連銘柄、マイナンバー、バイオ、人材関連等の内需小売型海外商圏拡大銘柄に資金が多少入り中国株式代替相場による利確のために金融相場が荒れた後イエレン議長発言から多少買戻された。さらにJQ市場では日経平均先物に連動せず反発した。ドルベース日本株ファンド立上げが激しいためドル押上げ買い要因になったものの株主還元銘柄に買戻が若干集中したが、FOMCでの9月以降利上折込発生を受け、一時的にドル高気味ではあったが中国PMI減速、中国当局マクロ経済管理能力懸念、「悪材料待ちの展開」としてJASDAQ-TOP20上場投信現物を買い、それを受け証券会社が裁定買を誘う先物買を行ったことから資金若干流入及び持高調整が観測された。その後米国決算が公表され業績相場入りしたがADP雇用統計不調のためシステム・土木関連銘柄等に利益確定の動きが加わった。テクニカル面では高値警戒感が発生し短期調整後株価は、2,800円節目反転目標に加え7/28安値から7/29高値フィボナッチ61.8%押越及び逆三尊天井放を形成し、50日移動平均線での攻防調整でミニデッドクロスは起こしているものの、50日移動平均線及び75日移動平均線を上回り、100日移動平均線を下値支持線とし逆三尊天井離れから三尊天井に変化する状況にいる。一目均衡表上では株価は転換線を下超えし基準線に挟まれ弱含みする状況で、雲上で来週は捩れにいるため調整長期化要注意である。遅行線は下向印になっている。ボリンジャーバンドでは-1σから-2σの所に存在してローソク足はテクニカル的に買勢力弱体を示す「下十字」を形成し2013年12月以来の高値2,700円台にいる。さらにRSIがV字買印になりDMIではPDIシグナルが上向きに転じ右下楔形成のため反発にはなっている。レンジ的には1,280円~3,000円の範囲で上下動しパラボリックが陰転していて、15日周期の上下動を繰り返す戻試しの形になった。売過修正、政策絡み銘柄及び業績改善材料銘柄に引き続き買戻が入ってはいるので更なる反発期待の瞬発的買戻しは今後も期待できるため注意すべきであろう。8月11日、日経ジャスダック平均株価は反発となった。前日より4円77銭高い2,738円29銭にて引けた。

さらに、小型株パフォーマンス代表のラッセル2000比較で東証マザーズを検討してみましょう。

【東証マザーズ一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】      
画像

マザーズ市況も上昇となるなど、主力大型株の決算発表一巡で、短期的な出遅れ感が強い新興市場銘柄へと関心がシフトする状況にもなってきているようだ。さらに「悪材料待ちの展開」として「中国元切下」報道から「買いたい弱気」が支配し自社株買い報道等でマザーズ銘柄中小型出遅情報通信等ゲーム内需小売関連を含む「割高外需株売却後割安内需株購入」型ヘッジ戦略巻戻を行う内需資金に買いが流入した。ミクシィ―は市場変更が決まり売却動向を折込等から市場に利益確定売が発生し巻戻歓迎でリスクマネーのリスクオフから円安になりプラス転換になった。ハイテク・サービス業を含むモメンタム銘柄の買収を受け全小型株高決算による米国モメンタム株売買調整動向でVix指数が上昇しJCDS指数が下落しつつも買意欲が回復した事からマザーズにも資金流入が多少あるため50日移動平均線に向かって上昇もあったが逆三尊天井放発生後現在では三尊天井発生で下落した。7月高値越をし米国中間選挙後ラッセル2000等中小型株についてパフォーマンス改善兆候が見られ最高値が付き原油安により税効果が発生しクレジット返済が進み米国中小小型株では25日移動平均線が75日を上回りゴールデンクロスが見られ5日移動平均線で調整終焉を迎え、最高値を叩出した後、上海市場回復遅延から来るインバウンド消費継続危機への影響で巨大機関投資家による手仕舞い売りが波及した後大型株調整を受け、買戻から解消に転じそれら動きの反動が中小型株に入っている。マザーズ指数が雲下限越えをし、25日移動平均が75日を下抜けるデッドクロスになり、100日移動平均を下超え逆三尊天井になったため12月戻り高値警戒感がでたものの利益確定売りを熟した上昇局面時1000p切る付近の継続上昇後三尊天井になり下落ゴルディロックス相場状況になった。株価は7/9安値から7/21高値フィボナッチ61.8%押超え節目860p直近安値調整終えで右下楔形成で逆三尊天井方向であることから当社予測通り反発した。昨年来高値を上回り、一時的には812pが下値節目として注目され812.0p~1200.0pの範囲で欧州不安を取り返す震災回復出遅修正銘柄買傾向で上下動になった。一目均衡表では株価は転換線及び基準線を上値抵抗線に位置した状況にいる。雲下限越え袈裟懸状況で下落状況にいる。遅行スパンは雲を逆袈裟懸けにし上向きに転じている。パラボリックは陰転している。ボリンジャーバンドでは-1σから-3σにいる状況で右下楔が発生になっている。さらに、ローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「陽の寄付坊主」を形成し雲下抜付近にいる。売過修正及び業績改善材料銘柄に引き続き好業績銘柄に買戻しが入りこれとともにSNS関連、FB、SB等が影響し上下している。RSIがV字買印であり更に売買代金が若干微増のみでDMIシグナルから上向き傾向が読み取れるので要注意である。東証マザーズ指数は、前日より9.46ポイント高い945.60と続伸した。
【出典文責】https://www.k-zone.co.jp/news_detail.html?news_id=IDW3769¶m_date=34327651

【Put-Callレシオ分析】  
画像

【出典】松井証券より当社資産運用管理事業部加筆掲載

 日経平均オプション8月物について、コールが売られて、プットが買われた。
                                           
本ブログは投資判断の参考となる情報及び当社役員の感想の提供を目的としたもので、特定の銘柄の投資勧誘を目的として作成したものではありません。当ブログは「金融商品取引法」及び「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づく開示資料ではございません。
国内外の株式は値動きのある商品であるため、損失を被る可能性があります。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等については、欠落・誤謬などにつきその責を負うものではなく、何ら保証するものではありません。なお、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品毎に手数料等およびリスクは、異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

矢野新ホールディングスグループ
矢野新商事株式会社
関東財務局長(金商)第1995号(第二種金融商品取引業及び投資助言代理業)
損害保険代理業(代理店コード 1302099)
不動産投資顧問業(一般 第998号)
■平成27年8月11日【新高値一覧表:190銘柄】
コード 銘柄名 騰落率
3514 日バイリン 15.11%
1852 浅沼組 12.38%
4118 カネカ 9.70%
9115 明治海 8.91%
3660 アイスタイル 7.64%
2733 あらた 6.23%
6055 Jマテリアル 5.51%
6745 ホーチキ 4.72%
7893 プロネクサス 4.30%
1847 イチケン 4.20%
2326 デジアーツ 4.17%
8614 東洋証 3.82%
3001 片 倉 3.72%
7734 理計器 3.62%
7408 ジャムコ 3.61%
1870 矢作建 3.60%
3591 ワコールHD 3.53%
3002 グンゼ 3.49%
5715 古河機 3.42%
7421 カッパクリHD 3.18%
7913 図書印 3.17%
1868 三井ホーム 3.03%
9760 進学会 2.96%
4047 関電化 2.84%
1925 大和ハウス 2.76%
7561 ハークスレイ 2.54%
3580 小松精 2.47%
6381 アネスト岩田 2.44%
2384 SBSHD 2.18%
4290 P I 2.17%
7987 ナカバヤシ 2.17%
9672 都競馬 2.17%
3153 八洲電機 2.10%
8037 カメイ 2.07%
1916 日ビルド 1.96%
8920 東 祥 1.93%
7936 アシックス 1.92%
9989 サンドラッグ 1.90%
5463 丸一管 1.83%
9039 サカイ引越 1.82%
2151 タケエイ 1.78%
5352 黒崎播磨 1.78%
2292 S Foods 1.73%
4324 電 通 1.70%
6817 スミダコーポ 1.70%
4208 宇部興 1.69%
3097 物語コーポ 1.66%
8360 山梨銀 1.65%
4218 ニチバン 1.64%
8005 スクロール 1.63%
9830 Tナカヤマ 1.58%
1959 九電工 1.55%
8368 百五銀 1.46%
3501 住江織 1.45%
8392 大分銀 1.45%
5337 ダントーHD 1.43%
5714 DOWA 1.39%
1950 日本電設 1.27%
4967 小林製薬 1.25%
8750 第一生命 1.22%
9832 オートバクス 1.22%
7483 ドウシシャ 1.21%
3950 ザ・パック 1.20%
2009 鳥越粉 1.19%
3201 ニッケ 1.18%
1968 太平電 1.12%
8338 筑波銀行 1.12%
9600 アイネット 1.12%
7508 GセブンHD 1.06%
1860 戸田建 1.05%
8363 北国銀 1.04%
9856 ケーユーHD 1.03%
2681 ゲオHD 1.02%
9031 西 鉄 1.02%
8136 サンリオ 1%
2398 ツクイ 0.99%
9795 ステップ 0.97%
4980 デクセリアルス 0.92%
8386 百十四 0.85%
1893 五洋建 0.84%
4521 科研薬 0.84%
3402 東 レ 0.83%
4619 日特塗 0.83%
6788 日本トリム 0.77%
4762 エックスネット 0.75%
6440 JUKI 0.75%
3608 TSI HD 0.74%
4202 ダイセル 0.74%
4044 セ硝子 0.68%
8154 加賀電 0.66%
9438 エムティーアイ 0.66%
2594 キーコーヒー 0.65%
1879 新日建 0.62%
4114 日触媒 0.57%
4027 テイカ 0.54%
7164 全国保証 0.52%
8876 リロHLD 0.48%
7504 高 速 0.42%
7447 ナガイレーベ 0.40%
9619 イチネンHD 0.40%
6730 アクセル 0.39%
5105 洋ゴム 0.38%
1720 東急建設 0.36%
1780 ヤマウラ 0.34%
7974 任天堂 0.34%
8595 ジャフコ 0.32%
9005 東 急 0.31%
1802 大林組 0.28%
6345 アイチコーポ 0.25%
8141 新光商 0.22%
3105 日清紡HD 0.20%
3569 セーレン 0.14%
6869 シスメックス 0.12%
9787 イオンディライ 0.12%
7250 太平洋 0.07%
8381 山合銀 0.07%
5232 住阪セメ 0%
7463 アドヴァン 0%
7984 コクヨ 0%
9861 吉野家HD 0%
8278 フ ジ -0.03%
8179 ロイヤルHD -0.04%
6935 JDL -0.05%
7741 HOYA -0.13%
8130 サンゲツ -0.13%
8379 広島銀 -0.13%
4994 大成ラミック -0.16%
6798 SMK -0.16%
8324 第四銀 -0.17%
8692 だいこう -0.18%
7733 オリンパス -0.20%
8359 八十二 -0.20%
9506 東北電 -0.21%
9045 京阪電 -0.23%
8309 三住トラスト -0.25%
2378 ルネサンス -0.26%
9437 NTTドコモ -0.26%
8550 栃木銀 -0.27%
8032 紙パル商 -0.28%
6737 EIZO -0.32%
5122 オカモト -0.33%
8316 三井住友 -0.35%
7283 愛三工 -0.40%
5901 洋缶HD -0.41%
8418 山口FG -0.41%
9987 スズケン -0.43%
7970 信越ポリ -0.44%
8279 ヤオコー -0.46%
1801 大成建 -0.49%
5975 東プレ -0.50%
7517 黒田電気 -0.50%
5851 リョービ -0.52%
4704 トレンド -0.53%
8382 中国銀 -0.53%
7516 コーナン商事 -0.62%
2502 アサヒ -0.63%
8355 静岡銀 -0.66%
5195 バンドー -0.75%
7905 大建工 -0.75%
9790 福井コンピ -0.76%
4206 アイカ工 -0.78%
7988 ニフコ -0.89%
8522 名 銀 -0.98%
8536 東日銀 -1.02%
2413 エムスリー -1.04%
8332 横浜銀 -1.07%
9433 KDDI -1.13%
7958 天 馬 -1.15%
5393 ニチアス -1.18%
8385 伊予銀 -1.22%
4912 ライオン -1.23%
8715 アニコムHD -1.25%
4403 日 油 -1.28%
8086 ニプロ -1.37%
8111 Gウイン -1.40%
7445 ライトオン -1.57%
9401 TBSHD -1.63%
8098 稲畑産 -1.75%
4553 東和薬品 -1.76%
8766 東京海上 -1.78%
1812 鹿 島 -1.82%
3116 トヨタ紡織 -2.02%
8725 MS&AD -2.35%
5101 浜ゴム -2.58%
4924 DR.シーラボ -2.59%
8185 チヨダ -2.90%
2201 森永菓 -3.12%
8237 松 屋 -3.35%
4694 BML -3.49%
4911 資生堂 -4.84%

■平成27年8月11日【新安値一覧表:9銘柄】
コード 銘柄名 騰落率
4344
ソースネクスト 0.46%
6640
第一精工 0.36%
6958
日本CMK -0.74%
7732
トプコン -1.15%
4725
CACHD -1.37%
1722
MISAWA -1.82%
6785
鈴 木 -5.65%
4320
CEHD -15.23%
4612
日ペイントH -17.98%

当社へ御提供された情報等は、当社の取扱商品の助言・勧誘・販売等およびそれらに関するサービスのご案内をおこなうための他、当社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
なお、当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ等をご覧ください。
株式常勝軍団225 http://blog.ilinkinvestment.com/
楽らく四次元増田足http://www.masudaasi.com/masudaasi/usage401/
『日刊チャート新聞』http://www.masudaasi.com/chartshinbun/
みんかぶ、ロングプレスインベストメント、ロングプレイスインベストメントhttp://minkabu.jp/
日本製紙http://www.fukeiki.com/
NAS電池http://plaza.rakuten.co.jp/trader/
聖路加http://www.luke.or.jp/
ラジオ日経http://market.radionikkei.jp/kabunakama/analyst/entry-210526.html
JCブレイン投資顧問http://www.jc-brain.co.jp/
スーパートレーダーの部屋、S教授!次はどの株買えばいいんですかhttp://airw.net/kabu/
ジュール投資顧問、ケンミレ、フィスコ、ピクテ、福田萌http://best10.omiki.com/
日本精工http://blog55.neec.ac.jp/
Yahooファイナンスhttp://finance.yahoo.co.jp/
SBI https://www.sbisec.co.jp/ETGate 前田敦子, キングソフト マグライト
楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/ テザリング au iphone5、ソフトバンクsoftbank

"『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント