成果を出すための日経225: 保険つなぎ=投資信託が一時下落しても利益出す方法

関東財務局(金商)第1995号、損害保険代理業(代理店コード 1302099)、
不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております
矢野新ホールディングスグループ 矢野新商事株式会社が提供する
社長ブログでございます。

成果を出すための日経225 
保険つなぎ=投資信託が一時下落しても利益出す方法
ヘッジ取引」は「保険つなぎ取引」である。
簡単にいえば、現株の値下がり分を、先物を売りである「売りヘッジ」で
カバーすること
である。

例えば、TOPIXは東証市場第1部上場内国株全体の指標で、
仮に、東証市場第1部やCore30銘柄と同じパッケージを保有する人が、
ある時点で、TOPIX先物や東証Core30指数先物を売れば、
フルリスクヘッジとなる。

 さらに、TOPIXを対象としたETF(上場投資信託)であれば、
ETFの価格とTOPIXはほぼ同じ値動きをするため、
マーケット下落時もETFを保有しながら、TOPIX先物によるヘッジで、
確実にリスク削減を図ることが可能となる。

 要は、投資信託が株式と同様であるため、
貯蓄型投資信託(以下貯投という)形で
貯株と同じ効果が出てきて、
ストップ高付近に達したと思われる銘柄を売り建てして、
思惑通りに株価が下落したら、買い返済して、差金を得ます。
これにより現株の値下がりによる損失回避をしたことになります。
この後、投資信託があがれば、売却して利益を出せばよいことになります。

想定が狂い株価が上昇したら、買い返済を実行するのではなく、
現株の引き渡し(以下現渡しという)によって決済を済ませます。
ここが空売りとの大きな違いです。
空売りは買い返済するしか方法がないため、
現金で損失分を支払わなければなりません。


NT倍率取引
NT倍率はインターマーケットスプレッド(業界用語:インタマ)のことです。
これは日経平均÷TOPIXで図られます。昔は13倍程度だったNT倍率も、
いまや10倍程度が当たり前になってきました。
NT倍率の上昇を狙う時は、「 日経225買い・トピックス売り 」
反対に下降を狙う時は、「 日経225売り・トピックス買い 」です。

興味のある方は、以下のURLまでご一報ください。お待ち申し上げております。
このような銘柄に興味のある方は以下のURLまで御一報ください。
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/ask.html (問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)

貯株、保険つなぎについては以下のURLをご参照ください。
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/entry2/dailyservice.html
本ブログは投資判断の参考となる情報及び当社役員の感想の提供を目的としたもので、特定の銘柄の投資勧誘を目的として作成したものではありません。当ブログは「金融商品取引法」及び「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づく開示資料ではございません。
国内外の株式は値動きのある商品であるため、損失を被る可能性があります。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等については、欠落・誤謬などにつきその責を負うものではなく、何ら保証するものではありません。なお、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品毎に手数料等およびリスクは、異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

矢野新ホールディングスグループ
矢野新商事株式会社
関東財務局(金商)第1995号(第二種金融商品取引業及び投資助言代理業)
損害保険代理業(代理店コード 1302099)
不動産投資顧問業(一般 第998号)

当社へ御提供された情報等は、当社の取扱商品の助言・勧誘・販売等およびそれらに関するサービスのご案内をおこなうための他、当社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
なお、当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ等をご覧ください。


"成果を出すための日経225: 保険つなぎ=投資信託が一時下落しても利益出す方法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント