資産運用会社:矢野新ホールディングスグループとしての矢野新商事株式会社の歴史

今回は、矢野新商事株式会社の歴史についてお話します。

そもそも矢野新商事は、大正9年9月に矢野新吉氏によって創設された
矢野商店が原点である。
昭和15年に婿養子として入ってきた中川康太郎氏(後の矢野康太郎)により、
有限会社化され、昭和35年矢野新商事株式会社と改名した。

業態としては、日本石油の石油卸会社として石油を販売店に供給したり、自社で販売をしていた。

  しかし、平成17年10月に創立85周年を迎えたとき、石油高騰や
石油卸会社の統廃合(製販同盟)を受け新日本石油に石油卸販売部門会社としての
特約店(矢野新商事株式会社)を売却した。

その後平成20年2月に新たに矢野新ホールディングス株式会社より資金を投入し
矢野新ホールデングスグループ矢野新商事株式会社が、金融商品取引業者
関東財務局(金商)第1995号の登録をして誕生いたしました。

現在、お客様の幅拾いニーズに応えるために、守りの運用として
朝日火災海上保険様の損害保険を用意し、
攻めの運用として、投資助言・代理業、
第二種金融商品取引業(信託受益権販売業)と不動産投資顧問業(一般・998号)を
取り揃えて金融機関として再スタートしております。
当社グループ 矢野新商事株式会社に興味のある方は以下のURLまで御一報ください。
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/ask.html (問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)


日経225、保険つなぎ、投資信託の業界用語説明については以下のURLをご参照ください。
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_5.html


"資産運用会社:矢野新ホールディングスグループとしての矢野新商事株式会社の歴史" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント