『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来?

「辰巳天井(前場)売後午尻下(後場)買常勝」目指して巨大機関投資家軍団買戻開始!?株式常勝巨大機関投資家軍団大好評訳有買戻循環高配当銘柄分析富裕層向矢野新投資情報投資顧問ブログ
さあ、皆様、こんにちは、12月4日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ 矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供する社長ブログでございます。今後ともわかり易い、早い、便利をもっとうに頑張ってまいります。

皆様からの多数ご要望が御座いました熱烈歓迎の伝説となった
相場のキューピッド」改め、矢野新投資情報「レポート会員としての復刻版はこちらまで

矢野新投資情報の使い方!!:

『相場のキューピッド流ドル建日経平均』の歩き方と題して現在の状況や使い方を含めご披露しましょう。

<ドル建日経平均現況状況分析>
画像

<日経VI対日経平均先物>   
画像

原油が安くなり金が買われS&P100が前日下落した事を受け米株全下落となった。ロイターでは製造業業績悪化と報道され日本株にも波及した。S&P500引値が昨年末より低く年間ベースで反落しテロリスト等地政学リスクに抵触している事からVix・日経VI・JCDS指数が上昇している。さらに欧州系ヘッジファンドを含む巨大機関投資家がオプションでは先週迄を売りにしていたものを今週では買いにして途中調整入りさせ12月MSQで一気に上昇へ導こうとしていると某情報ベンダー経由で報道されている。これらはヘッジファンドの機関店で委託を注文で自己売買を持たない解散余儀なくされる欧州系ヘッジファンド等が機関店を経て売買をオプションで繰返すためにSQが19496円で収まり7連投7陽連状況の三山の状況に陥り現在途中調整をしている。調整期に200日線を確認する値固めで足場を固めてから上昇してくる25日線と75日線のゴールデンクロスを確認し下落時の4つ窓を埋めてから12月MSQ目掛けてヘッジファンド巻返による掉尾の一振を計画しオプションを12月建玉で2万枚以上購入しているものと思われる。
テロリスト等地政学リスクに加え11月はヘッジファンド閉鎖返済売買があるため途中調整は当然でありこの割安買時期を活かすべきであろう。今後のオペック総会等で原油が下げ止まり安くなった所で金先物買が止まり安くなれば株式相場上昇の土台が出来上がりその上で1984年のように米国利上げ7ヶ月後利下げし更に利上げすると同時に日中欧の政策期待が実現化すればバブル化が期待でき、結果株が元の上昇過程に戻るだろう。注意点としてはGDP発表が2期連続赤字だとリセッション(不況)であるため日銀の動きに注意すべきである。16日はチャート上では団子天井で緩やかな半円形で二本の差込線があること、11月2日から11月12日フィボナッチ61.8%押しで右下楔が形成していること、25日移動平均線と75日移動平均線がゴールデンクロス間近であること、13週・26週移動平均線がゴールデンクロス間近であること、52週線を確認しにいき値固めで足場を固めて新高値を挑戦する形状になっていることから上昇期待が出来る。さらに8陽連三川目指し罫線的には良好で完成しボリンジャーバンドでは-3σ迄下落していることから反発が余儀なくされる。更に16日には甘利大臣の発言から巨大機関投資家が信じ2期連続GDPがマイナス即ちリセッション(不況入)でもテクニカルセッション状況と受け流し先物を経由してのオプションの裁定買が162.38ドル(20,000円相当)に2万枚以上建玉が集中していることから17日は期待できるだろう。要約すると騰落レシオが120%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。仏同時多発テロ、7-9月GDP悪化、CRB指数による外部環境悪化による国内VI・JCDS・Vix指数の買戻が発生し団子天井を形成したため、裁定解消を誘う先物売(欧州系巨大機関投資家の持高調整による売買操作を含む)が発生し先物経由で下落させられ経済政策督促相場になった。この他に米国利上及び中国経済政策期待等もあり今夜ドラギ総裁発言にも注目で日経VI先物が買われ途中調整機関入になっている。日本郵政のMSCI組入による売買代金上昇も期待されている。11月2日から11月12日フィボナッチ61.8%押(8陽連三川)からの買戻しが期待できる。17日、逆三尊大底買印上昇後カップウィズハンドルが出現し邪魔無でプルバックで上昇傾向に戻り「11月の3連休明けは高い」という周期性がある事から三手大黒線となり上昇している。これらから値幅調整して買い戻しとなりMSCI指数の玉手当があり巨大機関投資家の買戻(返済買い含む)仕込み買時期が来ているものと考えられる。ドル建て日経平均及び円建て日経平均では二陰介在五陽連、日経平均先物では三陰介在五陽連に加え先物オプション取引を通じてイートインキャピタルを含む欧州系巨大機関投資家がモルガンスタンレーを通して162.38ドル(20,000円相当)建玉2万枚以上コールの売表向注文し戦略転換買戻として建玉移管制度を利用し同様枚数以上を買戻しこれらが積み上がり陽線が積み上がった。背景にはECB財政政策出動必要に加え金融緩和が同時に発表という事で日欧が同様の動きを取ると考えられ162.38ドル(20,000円相当)以上目指して12月MSQさらには米国利上げによるドル高期待から10月までに売らざるを得ない投資家は売却済みなので市場は安定し買い戻されている。19日も上昇するだろう。日経平均オプション12月物は、株式相場の上昇を受けて「買う権利」であるコールが軒並み上昇し、「売る権利」であるプットは下げた。騰落レシオが120%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。補正予算額の上積みなどへの期待感から年内の相場環境は悪くないが地政学的リスクからの影響度が大きい上に日銀政策決定会合での追加緩和見送報道を受け買戻しが後場鈍った。3連休明け後は周期性的には相場は下げにくい状況ではあるため材料性の銘柄に買戻が集中し緩和効果銘柄に裁定解消を誘う先物売却が発生した。20日の日経平均オプション12月物はコール、プットがともに売りに押された。騰落レシオが120%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。前場バルチック指数減で裁定解消増となり3連休前持ち高調整入りをしたが後場上昇した。安倍トレードが行われ米国金利利上準備含みから円高になりリスク性のものが前場売られ日銀決定会合から追加緩和無に加え80兆円国債購入報道(時価総額増を意味し20,500円上昇させる事を意味する)がなされた事から買継続を意味する裁定買残増に繋がった。これは信用の売継続が円高による収益圧迫により途中短期調整は入るものの日経平均先物ヘッジの買入と入替り下がった回復及び人手不足を示す有効求人倍率がバブル時期並に回復し金融庁が「相続税評価を70%にして下さい。」と来年の税制大綱に盛り込むことを依頼、これに加えTPP対策大綱の二つが材料とみなされ更なる協調相場にするためETFのバスケット買(日経平均リンク債買)が引け間近2分前に入ったため上昇した。24日では騰落レシオが130%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。米国利上が正常化を示唆するものとFRB高官の談話より判明し高業績且つテーマ性ある中小型銘柄に物色が集中した。TPP対策基金やTPPの中に信託報酬引下げによる小型株への影響が検討されTPP対策大綱、及び全国スーパー売上高7カ月連続増報道が材料とみなされ更なるが引け間近に巨大機関投資家による買戻上昇が発生した。売買代金も162.38ドル(20,000円相当)建玉2万枚以上コールの売で溜まっているため途中調整はやむを得ないだろう。
更に、ドル建日経平均株価チャートからは+2σから+3σに到着し右上楔があるため調整が入った後更なる上昇を見せるだろう。騰落レシオが130%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。今年8月中旬に起こった中国発の世界同時株安が連想される動きから中国株安を警戒し更に12月15─16日の米連邦公開市場委員会待ちが続いている。米利上げが確実視される中、その後の市場の反応が読み切れず日経平均MSCI及びラッセル野村(野村プライム)リバランスによる先物調整のため、現時点ではポジションを傾けにくい事で巨大機関投資家から裁定解消を誘う建玉2万枚以上の19,000円台の先物売りがあった。これは19,000円まで下落するのは覚悟して安くオプションを買っている。安く発射台を用意したためこれからは買戻が起きるボックス圏になっている。12月1日では法人企業統計が良好で好感された事から設備投資が良好と考えられ裁定買が入った。162.38ドル(20,000円相当)の壁を越え窓の穴埋めが完了した。ここで値固めの途中調整に入るだろう。値が固まり次第、上昇に戻れるだろう。騰落レシオが130%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。米国供給管理協会(ISM)の製造業総合景況指数の低下、為替の円安一服もマイナス要因でドル指数では100が何度も止められている場所、グローバルでは投資家がユーロショート・ドルロング、コモディティショートなどのポジションを持っているが、今週のECBや次のFOMCでゲームの道筋が変わるかどうかのちょうど節目にあるため先物解消売の持高調整で反落になった。騰落レシオが130%以内になり、銘柄絞込み時期が日本株にも到来した。原油高がジョーカーとなり巨大機関投資家による円債券売後ドル債券買が始まりボラティリティが高く売られた分は裁定買いを誘う先物買を含めたオプション戦略で買い戻され大引 を迎え終えた。ECBとFOMC動向が明確になりこの動向が落ち着けば自民党バブル景気催促相場になるため急速な調整局面終焉の段階になっていくものと思われる。



今後の見通しについて相談したい方はこちらまで


『消費関連銘柄』について相談したい方はこちらまで


“社会インフラ・セット・ライン相場”効果による「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

中東ファンドと同様手法の「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

太陽光発電銘柄の動向について相談したい方はこちらまで

天然瓦斯等代替エネルギー注目銘柄について相談したい方はこちらまで

無制限緩和後の常勝事業銘柄について相談したい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における蓄電池・地熱・再生可能エネルギー・復興省エネ相場銘柄について相談したい方はこちらまで  

セット・ライン相場でコンクリート新時代におけるサブロー銘柄期待に関して相談したい方はこちらまで

週足陽線継続下における値嵩ハイテク株の「ファナック」の買い方、風力発電のミツウロコ・三谷商事の買い方について知りたい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における「低位株チャンス銘柄」、「割安株」、「バルチック海運指数」新規組換メガ機関投資家好評訳あり超割安銘柄について御相談したい方はこちらまで

御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

「Jリート銘柄で買戻加速調整」関連訳あり割安銘柄、次世代スマートグリッド

(燃料電池含)銘柄、仕手系低位株、インフルエンザ関連割安銘柄、

風力発電・発電機・地熱発電関連銘柄で相談したい方はこちらまで

「コア30・JQTOP20」+低PBR銘柄、チタン・素材関連割安銘柄、SNS関連ビジネス銘柄、メガ機関投資家好評資源関連銘柄選択を相談したい方はこちらまで
御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

値嵩ハイテク部品セクター・値嵩ハイテク製造セクター銘柄について御相談したい方はこちらまでご一報ください。

さあ、堅い守りの運用としての保険の商品は見易さを基準として

配置も変えておりますのでどうぞ興味のある御客様は

ご意見(http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html)を

お寄せ頂きたく宜しくお願い申し上げます。

いろいろ迷ってる貴方、ご相談は以下のURLまで御一報くださいませ。

お待ち申しあげております。

URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/shohin2.html(問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)
日経225、保険つなぎ、投資信託の業界用語説明については以下のURLをご参照ください。
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_5.html

いかにしたら利益が出やすくなるのか?
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200902/article_3.html

株価が上昇するにはVIX指数が急下降、大底なるにはVIX指数が急上昇に妙味あり!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200907/article_3.html
貯株:株を貯める必殺技、「つなぎ売り」が株価乱高下中は最適!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_4.html

JIN-仁―社長(みずほ銀行出身)が期待する円高対策済みメガ機関投資家大好評銘柄Ⅱ!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/201003/article_1.html

燃料業界動向 垣見油化株式会社様、ロングブレスインベストメント http://www.kakimi.co.jp/2k7040.htm

快適な人材採用計画・上品なWEB制作なら千代田広告社様
http://www.chiyoda-ad.co.jp/

オリジナルユニフォームの企画、製造、販売の企業
ミスズユニム株式会社様
http://blog.livedoor.jp/misuzu_unim1950/

信頼と実績の広告社:ダイアコミュニケーションズ様
http://www.dia-gr.co.jp/

高級イタリア製革製品、“IPAM”をお探しの方は次の住所まで
株式会社 大喜屋様
新着情報 : http://www.taikiya.co.jp/whatsnew.html
商品情報 : info@taikiya.co.jp

ダイコク電機
http://www.daikoku.co.jp/

独立系GS
http://blue.ap.teacup.com/chumi/

宇都宮の旅館で困ったら
http://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/
税務コンサルはhttp://www.ik-g.jp:80/

ヤマト運輸、郵船ロジスティクス <9370>
http://jp.ibtimes.com/articles/14195/20110202/64370.htm

次に日経平均先物を見てみましょう。
日経平均先物動向分析についてはこちら日経平均先物を御参照下さい。
<3か月毎買周期>  
これは、「Vix指数が2月、5月、8月、11月に上昇すると、MSCI世界株指数が2月、5月、8月、11月に下がる。」という所に着目したものでこの月に買を入れていくと他の月で売却すれば利益が出るというもので、これに「円高時に買い、円安時に売却する」という理論を加えると、矢野新投資情報黄金比率投資法と変わらなくなる。
MSCI組入(買、K氏こと兜町赤鬼氏銘柄)銘柄:日本郵政、昭和HD、CYBERDYNE、かんぽ生命、ユナイテッド、東京建物、阪急阪神、大塚HD、太平洋セメント、ネクソン、任天堂
MSCI31日除外(売り)銘柄:ほくほく、広島銀、KDDI、MS&AD、板硝子

では、需給面を確認するために「仮需比率 対日経平均先物」を見てみましょう。

【仮需比率VS日経平均先物】
画像

16日の週は石油資源国が買支えたという報道があった。12月利上げして正常化して終了が色濃くなった。そうすると半年間はこのまま故、株にもよい。為替安定から米株上昇するだろう。JPXオプション建玉を見るとモルガンスタンレーが先物大量に買い、UBSも購入し8連続陽線となった。MSCIの一部をTopix先物でベンチマークとして持っている。常にTopix先物を売れる分を先物に持たしている。つまりTopixはベンチマークとして使われている。一方で日経平均先物はオプションのアービトラージやレバレッジ型ETFのアービトラージと裁定取引(トレーディングの武器故動く)として使われる。背景にはリスクコントロール型巨大機関投資家が増大し株式運用を減らした。日経平均はボラティリティを使って歯止めを掛ける意味のラチェット又はストップロスを掛ける手法はリーマンショック以降広く行われるようになった。そこでCDSは信用スプレッドであるがこれと日経VI先物が連動して信用リスクを上下させてストップロス的売りも出た。リスク要因がありボラティリティが上がったら歯止めを掛けた方が良いという策略でUBSもモルガンも裁定買を誘う先物買を実行した。これらの手法により決算が悪いかはCDSと日経平均VI先物で判明するため投資に役立てる巨大機関投資家が増加した。これらが全て関連している指標が仮需比率で1%に未達であり下落傾向なので本日も周期性を考慮して先物買が入り大引間際で急騰した。注目点は欧州若年層失業対策改善のためイートインキャピタル等巨大機関投資家が米株日経平均・Topix先物中心買に対し欧州株及びCRB指数売で
相場が活気づいた。さらに、24日では上値が重くなる要因として市場では「99兆円の壁」がささやかれている。MSCI入替やラッセル野村リバランス効果により2万円近くで売買代金が厚く積み重なっており、壁を乗り越えるだけのエネルギーが不足している影響を受けるボックス相場は止むを得ないだろう。本日は法人企業統計が良かったことから好感され設備投資に期待が持てる事から2万円の壁を裁定買を誘う先物買で突破出来たため値固めとなる調整が入っても可笑しく値いだろう。

その上で相場環境を確認してみましょう。
【前日相場】
日経平均株価19,939.90円 前日比▲1.77円▲0.01%
日経平均先物 19,960.00円前日比 ▲20.00円 ▲0.10%
TOPIX 1,602.94ポイント前日比▲0.68ポイント▲0.04%
東証2部指数4,847.39ポイント前日比▲16.61ポイント▲0.34%
NT倍率12.44倍←次回円高時買戻期待
日経平均先物 25日移動平均乖離率19554.63 円▲1.97%
日経平均先物 75日移動平均乖離率18827.30 円▲5.91%
日経平均先物200日移動平均乖離率19455.25 円▲2.49%
総合乖離率▲10.37%(∴安値圏)←英米国市場上昇なら上昇
東証一部騰落レシオ123.09%前日比▲4.38←76%以上次回円高時強気買戻、70%以下売られ過ぎ

東証一部市場出来高18億6,336万株
東証一部市場売買代金2兆1,139億90百万円

日経平均先物11月限オプションSQ 確定値は19,496.87円 
Topix先物11月限オプションSQ(特別清算値)確定値は1581.83pポイント
■保有株簿価3月月中平均:日経平均約19,235.22円、Topix1,556.63ポイント以上売対象←これ以上だと利確有

値上銘柄数 785銘柄  40%値上
値下銘柄数 974銘柄 50%値下
不変銘柄数 162銘柄  8%不変

日経ジャスダック平均2,695.14円 前日比▽0.04円0.00%
東証マザーズ896.99ポイント前日比▲2.33ポイント▲0.26%

TOPIX  25日移動平均乖離率1581.05 ポイント▲1.38%
日経JQ 25日移動平均乖離率2612.54 円▲3.16%

Vix(恐怖指数):15.91ポイント前日比▲8.45%←20ポイント以下且つ前日比▽は買日
平成27年12月3日JCDS スプレッド73.17bps(前日比▽0.26%)
ドル/円123円47銭(23銭円安) EURO/円130円72銭(5銭円高)

style=color:#e00>矢野新投資情報概念通り円高時に仕込み円安時に売却済の方は正解!

週間ベース↑282.90円 ↑1.44%

3日外資系売買動向:売り1,810万株、買い1,720万株で▽90万株買越有利
3日プライムブローカー動向権利
・Cスイス   日経平均型▽562枚 Topix型▽3,553枚
・モルガン   日経平均型▲2,290枚 Topix型▲1,127枚
・ニューエイジ  日経平均型▽627枚 Topix型▲486枚
・ゴールドマン  日経平均型▲3,818枚 Topix型▽774枚
・野村證券    日経平均型▽8,163枚  Topix型▲787枚

新高値安値銘柄 新高値75柄 新安値1銘柄(上昇条件:新安値1桁で新高値より極少の場合)
(利食条件;新高値=20以上且新安値=一桁のケースは例外なく利確)
(底値反転条件:新高値1桁で新安値200を超える三桁)
日経平均先物12月物は19,940円、前後場合計の売買3万2,859枚
日経平均先物(SGX)9月物 19,925.00円
TOPIX先物12月物 1,601.00ポイント、 日中の売買高が3万7,186枚

巨大機関投資家軍団が大好評の訳有巻・買戻出遅低位高配当好感銘柄としては三信電気、三光合成、黒田電気、野村HD、日本電産、ファナック、富士フィルム、村田製作所、イビデン、伊藤忠、 NYダウドルヘッジ、古河電池、ソフトバンク、フマキラ、日産、平和不動産、浜井産業、琉球銀行、東芝、J日400、トレファク様、りそな、野村オフィス、森トラスト、森ヒルズ、ブリヂストン、JR東日本、JR東海、ニトリ、日本リテールファンド、損保ジャパン・グローバルREITファンド等が「日本株大型ファンド1203」、「利回り株チャンスオープン」等採用買戻銘柄とだぶる極少銘柄!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック