『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来?

「辰巳天井(前場)売後午尻下(後場)買常勝」目指して巨大機関投資家軍団買戻開始!?株式常勝巨大機関投資家軍団大好評訳有買戻循環高配当銘柄分析富裕層向矢野新投資情報投資顧問ブログ
さあ、皆様、こんにちは、8月6日木曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ 矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供する社長ブログでございます。今後ともわかり易い、早い、便利をもっとうに頑張ってまいります。

皆様からの多数ご要望が御座いました熱烈歓迎の伝説となった
相場のキューピッド」改め、矢野新投資情報「レポート会員としての復刻版はこちらまで

矢野新投資情報の使い方!!:

『相場のキューピッド流ドル建日経平均』の歩き方と題して現在の状況や使い方を含めご披露しましょう。

<ドル建日経平均現況状況分析>
画像

24日前は上海市場を上昇させ深圳证券交易所が高くなった。24日以降は中国が信用建玉融資当局発表40兆崩れた中国を立て直すのはかなり難しいことが伺える報道があった。7月中国製造業PMIが減少し中国向けが主力のキャタピラーが決算悪化や中国貨物輸送量減少を受けVix・CDSが上昇し中国購買力に蔭りが見えた。それにより商品下落が起こりこれに連動し資源国金利低下に加え商品市況も原油を初め下がっているため露西亜及び中国の建て直し懸念が発生した。即ち新興国懸念に加え9月以降の利上げより中国景気減速と視た巨大機関投資家は裁定解消を誘う割高先物売却を仕掛け残存した割高現物も売り持高整理に走っている。更に深圳证券交易所が高いために利確後、プットオプションを大量に仕込んで中国当局がPKO手段を打つ時間が無かったために儲けられた。それらの金で日本市場に売り仕掛けを行っている巨大機関投資家も中にはいるとの某情報ベンダーの報道も見受けられる。これに加え、日本も輸出が伸びず7月GDPマイナス懸念から経済成長不振が疑われ社会資本整備に対する内閣発表を待つために解消が加速した。発表までは鯨幕相場となり株価が基準線163.26ドル周辺で折り返しても可笑しくなく建玉の流れから非積極的コール買に当る154.28ドル(19,000円相当)プット建玉20,724枚売却後買戻があるため最悪154.28ドル迄裁定解消を誘う先物売が発生しても可笑しくない調整時期に指しかかかっている。中国発バブル崩壊を恐れ中国銀行株にPKOが介入したが上海市場が下落した。日本時間14時から15時の魔の時間帯と呼ばれる処で取引停止解除銘柄の投げ売りが開始され一株利益が減少した。PKO手段を打つのに当局が間に合ったために下げ止まった。中国市況を折込んだとすると「前回迄の調整が終了を意味し上値165.65ドルで安値162.79ドルの日足で窓埋め反発期待となり25日移動平均線(人気線)に回帰すると見たが騙しであった」との考えは的を得ていたであろう。現在は当局による大金融緩和督促相場に移行している。7月21日高値から7月29日安値フィボナッチ50%戻越えを本日していることから2回騙しも含めたブレイクアウトによる下値押しの破壊力から考えて-3σ周辺迄付いていく方が安全でそれら底値で買付ける方が安全ゆえ下値-3σで買付ける方が良策であろう。外部要因で割安買可能領域に達したことは間違いないだろう。米国利上報道による新興国下落が発生しているので此処にも注意を払うべきである。中国当局経済政策報道が見えてこない為、実態の影響を分析して底値での買いの機会の入れ方を示すのが投資助言会社の腕の見せ所だろう。7月30日はFOMC受け米株上昇開始、中国PMI値低下を受け減産や生産調整を速めに行い中国購買力依存脱却内需業績好調発表銘柄に裁定買を誘う先物買が入り右下楔入から上昇した。逆に中国スマホ依存銘柄がデルタヘッジ戦略をとられ裁定解消に遭い下落した。今後の注意としては借金をして米国消費者などは購買力を高めたゆえ米国利上げで金利上昇局面で耐え得る状況下か疑問が呈されている。事実利上げが起こると過去は大半が円高であったので来週は鯨幕相場の到来を覚悟せねばならないかもしれない。31日はJPX日経400採用及び中国購買力依存脱却内需業績好調発表関連内需小売銘柄に裁定買を誘う先物買が入った形で上昇した。「内需小売」の共通点は中国購買力を主軸とせず中国外に「商圏」を移行している企業である。しかし注意点は166.16ドル(20600円相当)を超えられなかったために、業績を基礎として超短期で売買繰返す「決算プレー」をする巨大機関投資家による米利上完了迄の本格調整である。下値支持線としての7/9と7/27、上値抵抗線と7/21と7/31を結んだ三角持合で煮詰まってきているため、此の処の借需比率と米国利上げによる新興国によるレパトリから中国購買力が低下し日本への低下影響を考慮すると8月3日月曜日は三角持合内で下落し、上記で指摘したように-3σ迄の下落買戻が最適になり鯨幕相場開始となるかもしれない。TPP合意暗礁・ASHRマイナスからJCDS指数上昇で中国景気減速加速化を嫌気して「3日新甫は荒れる」の格言通り裁定解消の嵐となった。今後は円高要因の原油安、米利上に注意である。CRBが陰の極で極めて低下し中国を震源地とする新興国経済減速から輸出も落ち込み商品市況において中国購買力低下で日米景気懸念があり巨大機関投資家による「割高外需株売却後割安内需株購入」型ヘッジ戦略が行われ裁定解消を誘う外需型株先物売り効果から来る「業績相場状況下初期調整相場」時期に陥った。今週末雇用統計がターニング地点になるだろう。テクニカル的には本日165.27ドル(20,500円相当)を維持した事からデッドクロス状況は回避できた。5日移動平均線、25日移動平均線が収斂した所を2日間維持出来たのを確認できれば彼岸底買模索で構わないだろう。三角持合は継続中のため今週上抜ければ上昇傾向回復と見て良いだろう。8月5日本日は確かに上昇成功となった。背景には米アトランタ連銀のロックハート総裁は米紙ウォールストリート・ジャーナルのインタビューで、9月利上げが適切になりそうとの認識を示唆した後日本市場が開始となった。10時にこの発表とトヨタ決算報道を受けて昨日までに日本市場は昨日まで裁定解消や信用買削減を行ったために仮需比率が低下し1%以下になった事から売り圧力が無くなりアセットマネジャー達が「割高外需株売却後割安内需株購入」型ヘッジ戦略巻戻を行った結果、割安外需株と割高内需株に一時的になり、リスクマネーのリスクオフが開始され円債券先物売却後割安株式先物購入が行われ裁定買いを誘う先物買いが行われた。これが昨日までの巻戻に繋がり株式先物買になった。結果として国内巨大機関投資家が売却し海外巨大機関投資家及び日経400インデックスETF組成のための先物買いが国内機関投資家でも大量に実行され上昇を演じた。

今後の見通しについて相談したい方はこちらまで


『消費関連銘柄』について相談したい方はこちらまで


“社会インフラ・セット・ライン相場”効果による「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

中東ファンドと同様手法の「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

太陽光発電銘柄の動向について相談したい方はこちらまで

天然瓦斯等代替エネルギー注目銘柄について相談したい方はこちらまで

無制限緩和後の常勝事業銘柄について相談したい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における蓄電池・地熱・再生可能エネルギー・復興省エネ相場銘柄について相談したい方はこちらまで

セット・ライン相場でコンクリート新時代におけるサブロー銘柄期待に関して相談したい方はこちらまで

週足陽線継続下における値嵩ハイテク株の「ファナック」の買い方、風力発電のミツウロコ・三谷商事の買い方について知りたい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における「低位株チャンス銘柄」、「割安株」、「バルチック海運指数」新規組換メガ機関投資家好評訳あり超割安銘柄について御相談したい方はこちらまで

御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

「Jリート銘柄で買戻加速調整」関連訳あり割安銘柄、次世代スマートグリッド

(燃料電池含)銘柄、仕手系低位株、インフルエンザ関連割安銘柄、

風力発電・発電機・地熱発電関連銘柄で相談したい方はこちらまで

「コア30・JQTOP20」+低PBR銘柄、チタン・素材関連割安銘柄、SNS関連ビジネス銘柄、メガ機関投資家好評資源関連銘柄選択を相談したい方はこちらまで
御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

値嵩ハイテク部品セクター・値嵩ハイテク製造セクター銘柄について御相談したい方はこちらまでご一報ください。

さあ、堅い守りの運用としての保険の商品は見易さを基準として

配置も変えておりますのでどうぞ興味のある御客様は

ご意見(http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html)を

お寄せ頂きたく宜しくお願い申し上げます。

いろいろ迷ってる貴方、ご相談は以下のURLまで御一報くださいませ。

お待ち申しあげております。

URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/shohin2.html(問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)
日経225、保険つなぎ、投資信託の業界用語説明については以下のURLをご参照ください。
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_5.html

いかにしたら利益が出やすくなるのか?
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200902/article_3.html

株価が上昇するにはVIX指数が急下降、大底なるにはVIX指数が急上昇に妙味あり!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200907/article_3.html
貯株:株を貯める必殺技、「つなぎ売り」が株価乱高下中は最適!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_4.html

JIN-仁―社長(みずほ銀行出身)が期待する円高対策済みメガ機関投資家大好評銘柄Ⅱ!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/201003/article_1.html

燃料業界動向 垣見油化株式会社様、ロングブレスインベストメント http://www.kakimi.co.jp/2k7040.htm

快適な人材採用計画・上品なWEB制作なら千代田広告社様
http://www.chiyoda-ad.co.jp/

オリジナルユニフォームの企画、製造、販売の企業
ミスズユニム株式会社様
http://blog.livedoor.jp/misuzu_unim1950/

信頼と実績の広告社:ダイアコミュニケーションズ様
http://www.dia-gr.co.jp/

高級イタリア製革製品、“IPAM”をお探しの方は次の住所まで
株式会社 大喜屋様
新着情報 : http://www.taikiya.co.jp/whatsnew.html
商品情報 : info@taikiya.co.jp

ダイコク電機
http://www.daikoku.co.jp/

独立系GS
http://blue.ap.teacup.com/chumi/

宇都宮の旅館でで困ったら
http://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/
税務コンサルはhttp://www.ik-g.jp:80/

ヤマト運輸、郵船ロジスティクス <9370>
http://jp.ibtimes.com/articles/14195/20110202/64370.htm

次に日経平均先物を見てみましょう。
日経平均先物動向分析についてはこちら日経平均先物を御参照下さい。
<3か月毎買周期>  
これは、「Vix指数が2月、5月、8月、11月に上昇すると、MSCI世界株指数が2月、5月、8月、11月に下がる。」という所に着目したものでこの月に買を入れていくと他の月で売却すれば利益が出るというもので、これに「円高時に買い、円安時に売却する」という理論を加えると、矢野新投資情報黄金比率投資法と変わらなくなる。
MSCI31日組入(買、K氏こと兜町赤鬼氏銘柄)銘柄:ガンホー、ユナイテッド、東京建物、阪急阪神、大塚HD、太平洋セメント、ネクソン、任天堂
MSCI31日除外(売り)銘柄:ほくほく、広島銀、KDDI、MS&AD、板硝子

では、需給面を確認するために「仮需比率 対日経平均先物」を見てみましょう。

【仮需比率VS日経平均先物】
画像

此処からも分かるように水曜日から木曜日にかけて裁定解消を行ったために仮需比率は1%以下になったとアルゴニズムでも認識され下落した。即ち「割高先物売却後、割安現物買」を行い「割高な現物売却後割安先物買戻」を行い更に「先物売却」を起こしたためだろう。これで仮需比率は1%以下になったと運用担当者が気づきドル建て日経平均分析での指摘通り買戻しが事実発生し本日も日本株を持たざるリスクを避けるために買戻しが多量に発生した。今後は各国PMI指標を組み込んだ助言をできない投資助言業者は信頼すべきでないだろう。25日26日は下落調整が疑義されるため、「仮需比率対日経平均先物」では「矢野新投資情報黄金比率買場」が到来する1%以下に迫っているため26日又は29日の大引け毎間近15分前に「空売り含むデルタヘッジ裁定解消売越時には買い向え」の巨大機関投資家法則通りに購入を予約している人は安く銘柄を押さえられる可能性が高いだろう。事実30日には裁定買も含めた先物買戻が予定通り入ったため需給が一時的な「悪材料待ちの展開」による調整局面を迎えただけで崩壊しない為、相場に資金流入戻が起こったとみるのが良いだろう。これらに加え需給も仮需比率から見ると安定しているため逆三尊底狙いの裁定買いを誘う割安先物買も入り20,000円から21,000円の範囲で上下動している。6日はギリシャ・中国景気悪化・米国利上延期問題等から先物売を誘う裁定解消売りが巨大機関投資家より出て急落後ギリシャ財務大臣辞任で若干折り返した。これによりVix・JCDS指数が上昇した。
 木曜から金曜日はグローバルマクロを含む巨大機関投資家の動きで様々な問題解決策が取られVix・JCDS指数が下落した上で裁定解消が減った状態で仮需比率も改善傾向から裁定買を誘う先物買戻が想定される事によって13日から反発相場に戻れるだろう。半導体市況に下落が生じたのは韓国マイナスに起因する。内需株の内輸出ハイテク株が外された。内需優位の外需が売になっている。1兆8千億円の円安由来の利益には要注意である。21日は裁定買が上昇している中、更に裁定買を誘う割安先物買が行われ現物買も発生している。それらから仮需比率も若干悪化が懸念され7月経済指標及びASHRの悪化から22日は要注意で調整しても可笑しくないだろう。23日はASHRの改善を受けたものの7月GDP報道悪化の恐れから信用買残が増加し裁定取引も増加していることから仮需比率が悪化し1%周辺に到達した。そこで割高債券先物売後、割安先物買と同時に割高現物売という裁定解消(リスクマネーのリスクオン)が開始され24日もデルタヘッジが恐れられる事態に陥った。東芝問題に加え海外巨大機関投資家は売りが出来うる最悪企業をオリンパスのときの様に探している気配が某情報ベンダーの報道で見受けられるため引き続き要注意である。
事実ASHRが中国購買力低下懸念から売却されているので更なる裁定解消があった。リスクマネーのリスクオフから裁定解消が進んでいるため仮需比率が1%以下に8月5日でなり5日以降の確認後21,000円をまず目指す傾向に復活するだろう。

その上で相場環境を確認してみましょう。

【前日相場】
日経平均株価20,614.06円 前日比▲93.70円▲0.46%
日経平均先物20,600.00円前日比 ▲150.00円 ▲0.73%
TOPIX 1,665.85ポイント前日比▲6.02ポイント▲0.36%
東証2部指数5,087.31ポイント前日比▲20.35ポイント ▲0.40%
NT倍率12.37倍←次回円高時買戻期待
日経平均先物 25日移動平均乖離率 20,395.17円▲1.07%
日経平均先物 75日移動平均乖離率 20,230.47円▲1.90%
日経平均先物200日移動平均乖離率18,665.31円▲10.44%
総合乖離率▲13.41%(∴中立圏)←英米国市場上昇なら上昇
東証一部騰落レシオ106.09%前日比▽1.87←76%以上次回円高時強気買戻、70%以下売られ過ぎ

東証一部市場出来高25億8,408万株
東証一部市場売買代金3兆1,905億39百万円

日経平均先物7月限オプションSQ 確定値は19,849.15円 
Topix先物7月限オプションSQ(特別清算値)確定値は1586.90pポイント
■保有株簿価3月月中平均:日経平均約20,372.58円、Topix1,637.30ポイント以上売対象←これ以上だと利確有

値上銘柄数 1,072銘柄56%値上 
値下銘柄数 687銘柄36%値下
不変銘柄数 130銘柄6%不変
日経ジャスダック平均 2,783.44円 前日比▲10.58円▲0.38%
東証マザーズ 941.32ポイント前日比▲5.44ポイント▲0.58%

TOPIX  25日移動平均乖離率1640.23ポイント▲1.56%
日経JQ 25日移動平均乖離率2,778.17円 ▲0.19%
 
Vix(恐怖指数):13.00ポイント前日比▲3.50%←20ポイント以下且つ前日比▽は買日
平成27年8月5日JCDS スプレッド58.81bps(前日比▲0.2%)
ドル/円124円34銭(1銭円安) EURO/円135円06銭(25銭円高)
矢野新投資情報概念通り円高時に仕込み円安時に売却済の方は正解!

週間ベース↑40.71円 ↑0.20%

5日外資系売買動向:売り1,360万株、買い1,740万株で▲380万株 買越有利
5日プライムブローカー動向権利
・Cスイス   日経平均型▲1,294枚    Topix型▽1,203枚  
・モルガン    日経平均型▲780枚 Topix型▲118枚
・ニューエイジ  日経平均型▽306枚    Topix型▲1,473枚
・ゴールドマン  日経平均型▲1,107枚    Topix型▽717枚
・野村證券    日経平均型▲20枚  Topix型▽293枚               

新高値安値銘柄 新高値190銘柄 新安値23銘柄(上昇条件:新安値1桁で新高値より極少の場合)
(利食条件;新高値=20以上且新安値=一桁のケースは例外なく利確)
(底値反転条件:新高値1桁で新安値200を超える三桁)
日経平均先物9月物は20,600.00円、前後場合計の売買5万9,790枚
日経平均先物(SGX)9月物20,605.00円
TOPIX先物9月物1,666.00ポイント、 日中の売買高が4万6,073枚

巨大機関投資家軍団が大好評の訳有巻・買戻出遅低位高配当好感銘柄としては野村HD、日本電産、ファナック、富士フィルム、村田製作所、イビデン、伊藤忠、 NYダウドルヘッジ、古河電池、ソフトバンク、フマキラ、日産、平和不動産、浜井産業、琉球銀行、東芝、J日400、トレファク様、りそな、野村オフィス、森トラスト、森ヒルズ、ブリヂストン、JR東日本、JR東海、ニトリ、日本リテールファンド、損保ジャパン・グローバルREITファンド等が「日本株大型ファンド1203」、「利回り株チャンスオープン」等採用買戻銘柄とだぶる極少銘柄!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック