『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来? (1)

「辰巳天井(前場)売後午尻下(後場)買常勝」目指して巨大機関投資家軍団買戻開始!?株式常勝巨大機関投資家軍団大好評訳有買戻循環高配当銘柄分析富裕層向矢野新投資情報投資顧問ブログ
さあ、皆様、こんにちは、6月26日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ 矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供する社長ブログでございます。今後ともわかり易い、早い、便利をもっとうに頑張ってまいります。

皆様からの多数ご要望が御座いました熱烈歓迎の伝説となった
相場のキューピッド」改め、矢野新投資情報「レポート会員としての復刻版はこちらまで

矢野新投資情報の使い方!!:

『相場のキューピッド流ドル建日経平均』の歩き方と題して現在の状況や使い方を含めご披露しましょう。
推奨日時
<ドル建日経平均現況状況分析>
画像

6月MSQは1銘柄当り150万前後株売買になった。火曜日に大きく売込まれ水曜日に乱高下し木曜日に大反発を迎えた。この3日間で思惑的なものが出尽くしたと捕らえている。木曜日日経平均現物取引が165.16ドル(20,382円)でその後先物が買われ165.72ドル(2万452円)で先物日中取引が終了している。現物については165.16ドル(20,382円)で終わり、6月限が9月限に限月が大きく動いて買われた。6月限165.71ドル(20,450円)、9月限165.54ドル(20,430円)で終わっていて野村が9月限への買越をして数字の上でも9月高値仕掛が見えてきた。今回のポイントはSQが165.90ドル(20,473.83円)となり2000年4月SQ 164.90ドル(20,305円)を上回った。1997年6月167.42ドル(20,661円)現物が付けた時消費税が増税され165.80ドル(20,461円)で先物が終わっている。その後現物で168.79ドル(20,831円)が現物でつけ山一證券等が倒産した。大押目を入れた段階でのMSQとなり木曜日の買越で思惑的なものは終了したようである。MSQの翌週は過去の経験則より強いためある程度高い処で決定するのは当然である。ある情報ベンダー筋から伝わる財務官僚レポートによるとMSQ後日経平均2%上昇で強いシナリオを作れるとのことで週末SQ後高かった。巨大機関投資家の中では12月決算より6月決算が中間決算に当たるためにデフレ銘柄が売却される動きがある。6月決算の巨大機関投資家が日本株で最後の調整を行うのがMSQである。そのために乱高下した。SQ値はそこでポジションを洗い替えする日である。結果として幻のSQ165.90ドル(20,473.83円)で値洗いした。月曜日は一時的に下がるのは通例として金曜日、月曜日又は火曜日に上抜けられれば下値支持線と成り下回れば上値抵抗線に成る。事実月曜日、火曜日は下落し心理線である25日移動平均線を下回りSQが上値抵抗になっている。此処で注意なのはETFリバランス前の調整及び7月からのボルカ―ルール対応のリスク資産ポジション調整売等を含む不安材料の克服で終了しない為、水曜日までは25日移動平均線で収斂し戻りの上値になっている。先物の影響下に無い2部指数で確認すると一貫して高値上昇にあるため季節要因である巨大機関投資家調整が終了すれば(先行見通しである声明文が頼りで政治的関心からギリシャ病が欧州から消える場合25日移動平均線から試みて2万円台試練でどの当りで止める気かで反転し安値確認となるデッドクロスが出た後、空売比率上昇で底値と見られSQ値を抜ける事)上昇し2万1千円台を目指すだろう。期間限定のサマーラリーではあるが今回声明文に当たるのが「米週間新規・失業保険申請件数の予想以上による減少」、「フィラデルフィア連銀景況指数が予想以上に上昇」、「日本百貨店協会発表指数大幅改善」や「ETFリバランス前の調整売後のリバランス完了後買戻」などである。その他に総合乖離率も11%台と割安圏で18日には38.4%空売比率過去最高で大底(反転)印が発生し確認されたため19日は前場後場と一回ずつ割安買機会が発生したがその後は急激な買戻しで株式先物は再生している。22日はギリシャ問題好天による裁定取引を含む先物買が入り見事に的中した。巨大機関投資家の6月決算対策等も終了し空売り比率38%台を付けて底打ち感が発生したために大量の買戻しが発生した。23日は現物踏上相場といえるだろう。これは現物レベルの空売りが増えたことを感じさせる。ロスカットルールで10から20%又は5日移動平均等を超えたら反対売買するエネルギーが日米ともに強く出て値頃感の空売を買い方が吸収して利上機会を折込んでいる。ギリシャ等が好天故この動きが出て先延ばし歓迎の状況下にいる。現状は金利株価が並行して上昇する業績相場に変化したと見て良いだろう。高値警戒感から先行きが怖くなり売買を繰り返す1分系で分かるように日毎鯨幕相場を日毎に発生させている。2000年4月ITバブル相場に接近した事から異次元緩和による長期化する日銀主導型完成相場にみられる異次元バブルを歓迎する巨大機関投資家もある情報ベンダーからは減温するとの指摘が見受けられるようになった。特徴としては低位株にも買入が発動したのが証左と言えそうである。24日からの勘所は引続きPMIで仏が50回復したため他国の場合も期待有と見るファンドマネージャーが多いため4日続伸となり2000年ITバブル・幻のSQ越えを達成し異次元バブルを歓迎する形を迎えている。しかし、現在ギリシャ問題は巨大機関投資家の格好議題で玩具の様な存在になっている。25日移動平均が上向けば買いだすのでこの動きを助言してくれる業者を探すべきであろう。ナスダックは利上機会を織込んで業績相場移行になったためドル建日経平均も注意し明日からの動向を説明してくれる業者を選ぶべきである。25日、26日が売勝負でるか注意で「悪材料待ちの展開」になっているため要注意である。この時の注意は「空売り含むデルタヘッジ裁定解消売越時には買い向え」の巨大機関投資家法則が有効の様だ。その証拠にドル建て日経平均で見ると三尊天井を形成し遅行線の株価が接触し売買高では5日移動平均線が急上昇している事から下落調整が期待でき25日から暫く上記で書いたように売勝負できる場が漸く到来の様である。逆に25日から「悪材料待ちの展開」になっているため「空売り含むデルタヘッジ裁定解消売越時には買い向え」の巨大機関投資家法則に逆らわない方が良さそうに思えて仕方がない。逆に24日大引けで利確するように助言した投資助言会社は優良会社と言えるだろう。25日を迎えてみると「悪材料待ちの展開」になっているため「空売り含むデルタヘッジ裁定解消売越時には買い向え」という戦略は正解であった。先物下げ買戻しで60円分の調整が入っている。買い方が仕掛け難く高値圏である。どの辺で買い戻すかがポイントである。EPS1,252円、仮需比率から来る国内需給良好でJT株に見られる様に政府が保有継続が良好と保証しファンダメンタルズも良い。下値は1%下167ドルで買入がファンド筋の共通認識になっている。前場安値で止まり常識的下落調整で止まっている。売り方買戻しを迫られ上昇で下落が常識範囲で静止したのを確認している。報道によると「個人投資家3週連続買越で外人が売越」で下落している。指数操作が大半であるといえる。ダウンバーストで上昇しアップバーストで下落している。裁定買中小型株が多く、先物中心で下げている。日本株では現物買が多く入って来ている。強気ファンドは途中で降りて、弱気ファンドは本部から強制命令が発布され強制命令で嬉さ悲しさ±0になっている。日銀のETF買いも発生している。上昇の流れは不変であるので欧州会議等は要注意で欧州の「悪材料待ちの展開」となっており米国は波乱要因が見受けられないので強気指標が期待できるだろう。その場合仮需比率から上昇するだろう。しかし買えずに売却するばかりの信託銀行もいるため継続注意である。

『消費関連銘柄』について相談したい方はこちらまで


“社会インフラ・セット・ライン相場”効果による「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

中東ファンドと同様手法の「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

太陽光発電銘柄の動向について相談したい方はこちらまで

天然瓦斯等代替エネルギー注目銘柄について相談したい方はこちらまで

無制限緩和後の常勝事業銘柄について相談したい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における蓄電池・地熱・再生可能エネルギー・復興省エネ相場銘柄について相談したい方はこちらまで

セット・ライン相場でコンクリート新時代におけるサブロー銘柄期待に関して相談したい方はこちらまで

週足陽線継続下における値嵩ハイテク株の「ファナック」の買い方、風力発電のミツウロコ・三谷商事の買い方について知りたい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における「低位株チャンス銘柄」、「割安株」、「バルチック海運指数」新規組換メガ機関投資家好評訳あり超割安銘柄について御相談したい方はこちらまで

御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

「Jリート銘柄で買戻加速調整」関連訳あり割安銘柄、次世代スマートグリッド

(燃料電池含)銘柄、仕手系低位株、インフルエンザ関連割安銘柄、

風力発電・発電機・地熱発電関連銘柄で相談したい方はこちらまで

「コア30・JQTOP20」+低PBR銘柄、チタン・素材関連割安銘柄、SNS関連ビジネス銘柄、メガ機関投資家好評資源関連銘柄選択を相談したい方はこちらまで
御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

値嵩ハイテク部品セクター・値嵩ハイテク製造セクター銘柄について御相談したい方はこちらまでご一報ください。

さあ、堅い守りの運用としての保険の商品は見易さを基準として

配置も変えておりますのでどうぞ興味のある御客様は

ご意見(http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html)を

お寄せ頂きたく宜しくお願い申し上げます。

いろいろ迷ってる貴方、ご相談は以下のURLまで御一報くださいませ。

お待ち申しあげております。

URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/shohin2.html(問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)
日経225、保険つなぎ、投資信託の業界用語説明については以下のURLをご参照ください。
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_5.html

いかにしたら利益が出やすくなるのか?
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200902/article_3.html

株価が上昇するにはVIX指数が急下降、大底なるにはVIX指数が急上昇に妙味あり!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200907/article_3.html
貯株:株を貯める必殺技、「つなぎ売り」が株価乱高下中は最適!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_4.html

JIN-仁―社長(みずほ銀行出身)が期待する円高対策済みメガ機関投資家大好評銘柄Ⅱ!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/201003/article_1.html

燃料業界動向 垣見油化株式会社様、ロングブレスインベストメント http://www.kakimi.co.jp/2k7040.htm

快適な人材採用計画・上品なWEB制作なら千代田広告社様
http://www.chiyoda-ad.co.jp/

オリジナルユニフォームの企画、製造、販売の企業
ミスズユニム株式会社様
http://blog.livedoor.jp/misuzu_unim1950/

信頼と実績の広告社:ダイアコミュニケーションズ様
http://www.dia-gr.co.jp/

高級イタリア製革製品、“IPAM”をお探しの方は次の住所まで
株式会社 大喜屋様
新着情報 : http://www.taikiya.co.jp/whatsnew.html
商品情報 : info@taikiya.co.jp

ダイコク電機
http://www.daikoku.co.jp/

独立系GS
http://blue.ap.teacup.com/chumi/

宇都宮の旅館でで困ったら
http://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/
税務コンサルはhttp://www.ik-g.jp:80/

ヤマト運輸、郵船ロジスティクス <9370>
http://jp.ibtimes.com/articles/14195/20110202/64370.htm

次に日経平均先物を見てみましょう。
日経平均先物動向分析についてはこちら日経平均先物を御参照下さい。
<3か月毎買周期>  
これは、「Vix指数が2月、5月、8月、11月に上昇すると、MSCI世界株指数が2月、5月、8月、11月に下がる。」という所に着目したものでこの月に買を入れていくと他の月で売却すれば利益が出るというもので、これに「円高時に買い、円安時に売却する」という理論を加えると、矢野新投資情報黄金比率投資法と変わらなくなる。
MSCI31日組入(買、K氏こと兜町赤鬼氏銘柄)銘柄:ガンホー、ユナイテッド、東京建物、阪急阪神、大塚HD、太平洋セメント、ネクソン、任天堂
MSCI31日除外(売り)銘柄:ほくほく、広島銀、KDDI、MS&AD、板硝子

では、需給面を確認するために「仮需比率 対日経平均先物」を見てみましょう。
【仮需比率VS日経平均先物】
画像

此処からも分かるように水曜日から木曜日にかけて裁定解消を行ったために仮需比率は1%以下になったとアルゴニズムでも認識され下落した。即ち「割高先物売却後、割安現物買」を行い「割高な現物売却後割安先物買戻」を行い更に「先物売却」を起こしたためだろう。これで仮需比率は1%以下になったと運用担当者が気づきドル建て日経平均分析での指摘通り買戻しが事実発生し本日も日本株を持たざるリスクを避けるために買戻しが多量に発生した。今後は各国PMI指標を組み込んだ助言をできない投資助言業者は信頼すべきでないだろう。25日26日は下落調整が疑義されるため、「仮需比率対日経平均先物」では「矢野新投資情報黄金比率買場」が到来する1%以下に迫っているため26日又は29日の大引け毎間近15分前に「空売り含むデルタヘッジ裁定解消売越時には買い向え」の巨大機関投資家法則通りに購入を予約している人は安く銘柄を押さえられる可能性が高いだろう。

その上で相場環境を確認してみましょう。

【前日相場】
日経平均株価20,771.40円 前日比▽96.63円▽0.46%
日経平均先物20,760.00円前日比▽60.00円▽0.29%
TOPIX 1,670.91ポイント前日比▽8.98ポイント▽0.53%
東証2部指数5,073.98ポイント前日比▽8.12ポイント ▽0.16%
NT倍率12.43倍←次回円高時買戻期待
日経平均先物 25日移動平均乖離率 20,421.42円▲1.71%
日経平均先物 75日移動平均乖離率 19,876.96円▲4.50%
日経平均先物200日移動平均乖離率18,033.63円▲15.18%
総合乖離率▲21.40%(∴安値圏)←英米国市場上昇なら上昇
東証一部騰落レシオ102.93%前日比▽2.94←76%以上次回円高時強気買戻、70%以下売られ過ぎ

東証一部市場出来高20億8,032万株
東証一部市場売買代金2兆3,491億65百万円

日経平均先物6月限オプションSQ 確定値は20,473.83円 
Topix先物6月限オプションSQ(特別清算値)確定値は1654.28pポイント
■保有株簿価5月月中平均:日経平均約19,974.19円、Topix1,626.44ポイント以上売対象←これ以上だと利確有

値上銘柄数 427銘柄22%値上 
値下銘柄数 1,351銘柄71%値下
不変銘柄数 108銘柄5%不変
日経ジャスダック平均 2,764.30円 前日比▽15.34円▽0.55%
東証マザーズ 1,020.86ポイント前日比▽7.52ポイント▽0.73%

TOPIX 25日移動平均乖離率1656.47ポイント▲0.87%
日経JQ25日移動平均乖離率2,692.21円 ▲2.68%
 
Vix(恐怖指数):13.26ポイント前日比▲9.50%←20ポイント以下且つ前日比▽は買日
平成27年6月24日JCDS スプレッド55.21bps(前日比▽0.86%)
ドル/円123円70銭(14銭円高) EURO/円138円54銭(21銭円高)
矢野新投資情報概念通り円高時に仕込み円安時に売却済の方は正解!

週間ベース↓232.84円 ↓1.14%

25日外資系売買動向:売り1,360万株、買い1,450万株で▲90万株 買越有利
25日プライムブローカー動向権利
・Cスイス   日経平均型▲349枚    Topix型▲156枚  
・モルガン    日経平均型▽47枚 Topix型▲1,562枚
・ニューエイジ  日経平均型▲895枚    Topix型▲138枚
・ゴールドマン  日経平均型▲993枚    Topix型▲202枚
・野村證券    日経平均型▽3,313枚  Topix型▽394枚               

新高値安値銘柄 新高値118銘柄 新安値5銘柄(上昇条件:新安値1桁で新高値より極少の場合)
(利食条件;新高値=20以上且新安値=一桁のケースは例外なく利確)
(底値反転条件:新高値1桁で新安値200を超える三桁)
日経平均先物9月物は20,760.00円、前後場合計の売買3万4,291枚
日経平均先物(SGX)9月物20,745.00円
TOPIX先物9月物1,669.00ポイント、 日中の売買高が3万6,171枚

巨大機関投資家軍団が大好評の訳有巻・買戻出遅低位高配当好感銘柄としては野村HD、日本電産、ファナック、富士フィルム、村田製作所、イビデン、伊藤忠、 NYダウドルヘッジ、古河電池、ソフトバンク、フマキラ、日産、平和不動産、浜井産業、琉球銀行、東芝、J日400、トレファク様、りそな、野村オフィス、森トラスト、森ヒルズ、ブリヂストン、JR東日本、JR東海、ニトリ、日本リテールファンド、損保ジャパン・グローバルREITファンド等が「日本株大型ファンド1203」、「利回り株チャンスオープン」等採用買戻銘柄とだぶる極少銘柄!!
本ブログは投資判断の参考となる情報及び当社役員の感想の提供を目的としたもので、特定の銘柄の投資勧誘を目的として作成したものではありません。当ブログは「金融商品取引法」及び「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づく開示資料ではございません。
国内外の株式は値動きのある商品であるため、損失を被る可能性があります。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等については、欠落・誤謬などにつきその責を負うものではなく、何ら保証するものではありません。なお、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品毎に手数料等およびリスクは、異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

矢野新ホールディングスグループ
矢野新商事株式会社
関東財務局長(金商)第1995号(第二種金融商品取引業及び投資助言代理業)
損害保険代理業(代理店コード 1302099)
不動産投資顧問業(一般 第998号)


コード 銘柄名 騰落率
3521 エコナックHD 38.02%
8203 MrMax 22.03%
3817 SRAHD 20.49%
2266 六甲バタ 9.52%
7885 タカノ 7.15%
3443 川田TECH 5.77%
9600 アイネット 5.67%
2168 パソナ 5.62%
5261 リソル 4.65%
8200 リンガハット 4.50%
1515 日鉄鉱 4.35%
3088 マツモトキヨシ 4.32%
9351 洋埠頭 4.30%
2290 米 久 4.27%
3079 DVx 4.03%
6473 ジェイテクト 3.98%
2222 寿スピリッツ 3.84%
2060 フィードワンH 3.73%
2427 アウトソシング 3.70%
9974 ベルク 3.68%
2193 COOK 3.61%
2910 ロックフィール 3.40%
4343 ファンタジー 3.09%
5985 サンコール 2.86%
4324 電 通 2.82%
1959 九電工 2.81%
3513 イチカワ 2.75%
9058 トランコム 2.74%
1663 K&Oエナジー 2.72%
3191 ジョイ本田 2.67%
9930 北沢産 2.65%
4917 マンダム 2.53%
7246 プレス工 2.42%
9305 ヤマタネ 2.38%
4719 アルファシステム 2.35%
6770 アルプス 2.35%
9997 ベルーナ 2.35%
8133 エネクス 2.23%
1833 奥村組 2.18%
5988 パイオラックス 2.11%
9627 アインファーマシ 2.11%
6319 シンニッタン 2.03%
1803 清水建 2%
8270 ユニーGHD 1.99%
4653 ダイオーズ 1.90%
6349 小 森 1.81%
9509 北海電 1.63%
9437 NTTドコモ 1.61%
2602 日清オイリオ 1.50%
9715 トランスコスモ 1.48%
9432 NTT 1.36%
9757 船総研HD 1.34%
3098 ココカラファイン 1.32%
7453 良品計画 1.32%
1868 三井ホーム 1.24%
6756 日立国際 1.24%
7723 愛時計 1.12%
1949 住電設 1.11%
6952 カシオ 1.07%
3738 ティーガイア 1.06%
8842 楽天地 0.98%
6490 日ピラー 0.97%
4658 日本空調 0.95%
3110 日東紡 0.90%
7414 小野建 0.89%
6508 明電舎 0.84%
6113 アマダHD 0.82%
8137 サンワテクノス 0.72%
3105 日清紡HD 0.68%
9983 ファーストリテイ 0.68%
4046 ダイソー 0.64%
4541 日医工 0.59%
1860 戸田建 0.55%
6383 ダイフク 0.55%
7537 丸 文 0.50%
7943 ニチハ 0.46%
4927 ポーラオルHD 0.43%
4767 TOW 0.42%
8279 ヤオコー 0.34%
2908 フジッコ 0.33%
8771 Eギャランティ 0.32%
8935 FJ ネクスト 0.31%
5332 TOTO 0.30%
4041 日曹達 0.24%
4992 北興化 0.19%
7483 ドウシシャ 0.13%
9787 イオンディライ 0.13%
9856 ケーユーHD 0.13%
4922 コーセー 0.10%
4519 中外薬 0%
5301 東海カ 0%
6741 日信号 0%
3421 稲葉製作 -0.06%
1379 ホクト -0.15%
3659 ネクソン -0.16%
9692 シーイーシー -0.17%
3116 トヨタ紡織 -0.28%
7459 メディパル -0.29%
6981 村田製 -0.36%
3194 キリン堂HD -0.40%
9039 サカイ引越 -0.62%
7649 スギHD -0.63%
8068 菱洋エレク -0.68%
4553 東和薬品 -0.77%
8267 イオン -0.89%
8219 青山商 -0.90%
1973 NESIC -0.93%
9746 TKC -1.01%
3288 オープンハウス -1.06%
7595 アルゴグラフ -1.06%
8325 北越銀 -1.12%
9719 SCSK -1.44%
2109 三井製糖 -1.57%
8278 フ ジ -1.61%
3038 神戸物産 -1.65%
8251 パルコ -3.10%
8194 ライフコーポ -3.36%
3656 KLab -9%
当社へ御提供された情報等は、当社の取扱商品の助言・勧誘・販売等およびそれらに関するサービスのご案内をおこなうための他、当社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
なお、当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ等をご覧ください。
株式常勝軍団225 http://blog.ilinkinvestment.com/
楽らく四次元増田足http://www.masudaasi.com/masudaasi/usage401/
『日刊チャート新聞』http://www.masudaasi.com/chartshinbun/
みんかぶ、ロングプレスインベストメント、ロングプレイスインベストメントhttp://minkabu.jp/
日本製紙http://www.fukeiki.com/
NAS電池http://plaza.rakuten.co.jp/trader/
聖路加http://www.luke.or.jp/
ラジオ日経http://market.radionikkei.jp/kabunakama/analyst/entry-210526.html
JCブレイン投資顧問http://www.jc-brain.co.jp/
スーパートレーダーの部屋、S教授!次はどの株買えばいいんですかhttp://airw.net/kabu/
ジュール投資顧問、ケンミレ、フィスコ、ピクテ、福田萌http://best10.omiki.com/
日本精工http://blog55.neec.ac.jp/
Yahooファイナンスhttp://finance.yahoo.co.jp/
SBI https://www.sbisec.co.jp/ETGate 前田敦子, キングソフト マグライト
楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/ テザリング au iphone5、ソフトバンクsoftbank
ストックボイスhttp://www.youtube.com/user/stockvoice?ob=0&feature=results_main

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック