ゴルディロックス下7月15日過迄巨大機関投資家換金売連動型節分天井売午尻下底買戻手法利確相場

「辰巳天井(前場)売後午尻下(後場)買常勝」目指して巨大機関投資家軍団買戻開始!?株式常勝巨大機関投資家軍団大好評訳有買戻循環高配当銘柄分析富裕層向矢野新投資情報投資顧問ブログ
さあ、皆様、こんにちは、7月25日金曜日第二種金融商品取引業者、関東財務局長(金商)第1995号、損害保険代理業、不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております矢野新ホールディングスグループ 矢野新商事株式会社(日本橋・兜町近辺)が提供する社長ブログでございます。今後ともわかり易い、早い、便利をもっとうに頑張ってまいります。

皆様からの多数ご要望が御座いました熱烈歓迎の伝説となった
相場のキューピッド」改め、矢野新投資情報「レポート会員としての復刻版はこちらまで

巨大機関投資家軍団が大好評の訳有巻・買戻出遅低位高配当好感銘柄としては 鉄建、UBIC、ファストリ、エイチーム、岩谷、東芝、ソフトバンク、ダイセキ、武田、エンバイオ、日本電産コパル、大和小田、NTT、J日400、トレファク様、サンリオ、りそな、野村、沖電線、MORESCO、野村オフィス、森トラスト、森ヒルズ、ブリヂストン、JR東日本、JR東海、ニトリ、日本リテールファンド、損保ジャパン・グローバルREITファンド等が「日本株大型ファンド1203」、「利回り株チャンスオープン」等採用買戻銘柄とだぶる極少銘柄!!

“社会インフラ・セット・ライン相場”効果による「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで
中東ファンドと同様手法の「前日後場買、翌日前場売」で期待効果大銘柄について相談したい方はこちらまで

太陽光発電銘柄の動向について相談したい方はこちらまで

天然瓦斯等代替エネルギー注目銘柄について相談したい方はこちらまで

無制限緩和後の常勝事業銘柄について相談したい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における蓄電池・地熱・再生可能エネルギー・復興省エネ相場銘柄について相談したい方はこちらまで

セット・ライン相場でコンクリート新時代におけるサブロー銘柄期待に関して相談したい方はこちらまで

週足陽線継続下における値嵩ハイテク株の「ファナック」の買い方、風力発電のミツウロコ・三谷商事の買い方について知りたい方はこちらまで

ドル高円安バブル相場入口下における「低位株チャンス銘柄」、「割安株」、「バルチック海運指数」新規組換メガ機関投資家好評訳あり超割安銘柄について御相談したい方はこちらまで

御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

「Jリート銘柄で買戻加速調整」関連訳あり割安銘柄、次世代スマートグリッド

(燃料電池含)銘柄、仕手系低位株、インフルエンザ関連割安銘柄、

風力発電・発電機・地熱発電関連銘柄で相談したい方はこちらまで

「コア30・JQTOP20」+低PBR銘柄、チタン・素材関連割安銘柄、SNS関連ビジネス銘柄、メガ機関投資家好評資源関連銘柄選択を相談したい方はこちらまで
御一報ください。

会員登録後、丁寧、親切をモットーに痒い所まで御対応いたします。

値嵩ハイテク部品セクター・値嵩ハイテク製造セクター銘柄について御相談したい方はこちらまでご一報ください。

さあ、堅い守りの運用としての保険の商品は見易さを基準として

配置も変えておりますのでどうぞ興味のある御客様は

ご意見(http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html)を

お寄せ頂きたく宜しくお願い申し上げます。

いろいろ迷ってる貴方、ご相談は以下のURLまで御一報くださいませ。

お待ち申しあげております。

URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/shohin2.html(問合専用)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/tousi_j.html(事業内容)
URL:http://www.yanoshinshoji.jp/(矢野新投資情報)
URL:http://www.yanoshin.co.jp/syouji/catalog.html(安全資産運用)
日経225、保険つなぎ、投資信託の業界用語説明については以下のURLをご参照ください。
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_5.html

いかにしたら利益が出やすくなるのか?
URL:http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200902/article_3.html

株価が上昇するにはVIX指数が急下降、大底なるにはVIX指数が急上昇に妙味あり!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200907/article_3.html
貯株:株を貯める必殺技、「つなぎ売り」が株価乱高下中は最適!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/200905/article_4.html

JIN-仁―社長(みずほ銀行出身)が期待する円高対策済みメガ機関投資家大好評銘柄Ⅱ!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/201003/article_1.html

燃料業界動向 垣見油化株式会社様、ロングブレスインベストメント http://www.kakimi.co.jp/2k7040.htm

快適な人材採用計画・上品なWEB制作なら千代田広告社様
http://www.chiyoda-ad.co.jp/

オリジナルユニフォームの企画、製造、販売の企業
ミスズユニム株式会社様
http://blog.livedoor.jp/misuzu_unim1950/

信頼と実績の広告社:ダイアコミュニケーションズ様
http://www.dia-gr.co.jp/

高級イタリア製革製品、“IPAM”をお探しの方は次の住所まで
株式会社 大喜屋様
新着情報 : http://www.taikiya.co.jp/whatsnew.html
商品情報 : info@taikiya.co.jp

ダイコク電機
http://www.daikoku.co.jp/

独立系GS
http://blue.ap.teacup.com/chumi/

宇都宮の旅館でで困ったら
http://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/
税務コンサルはhttp://www.ik-g.jp:80/

ヤマト運輸、郵船ロジスティクス <9370>
http://jp.ibtimes.com/articles/14195/20110202/64370.htm

次に日経平均先物を見てみましょう。
日経平均先物一目均衡表及びボリンジャーバンド分析動向】
総合乖離率比較法の考え方によれば日経平均換算では其々-20%が8,000円、-10%が9,000円、0%が10,000円、10%が11,000円、20%が12,000円とすると-20%~0%の間を揉合後、乖離が無くなり10%に向け上昇傾向に戻れ現在は-10%付近にいます。仮に0%に行くとすると傾向として-5%へ一回は行きその後、-20%で止まり50%へ上昇する場合が過去にはあります。調整トレンドの中での-20%から-10%への修正リバウンドになり、0%に向け売残が無くなり上昇傾向に戻れる状況になり巨大機関投資家の中でもこの所の利益確定から多少改善し、先物13,905円台(PER14倍、日経平均型14,000円台)での節目達成が確認され右上楔売印が発生し昨週比較約14,000円台の下げで止まった事から17,700円台迄の回復上昇力において強い傾向が見られる。総合乖離率比較法の考え方によれば日経平均換算では其々-20%が8,000円、-10%が9,000円、0%が10,000円、10%が11,000円、20%が12,000円とすると-20%~0%の間を揉合後、乖離が無くなり10%に向け上昇傾向に戻れ現在は10%付近にいます。仮に0%に行くとすると傾向として-5%へ一回は行きその後、-20%で止まり50%へ上昇する場合が過去にはあります。調整トレンドの中での-20%から-10%への修正リバウンドになり、0%に向け売残が無くなり上昇傾向に戻れる状況になり巨大機関投資家の中でもこの所の利益確定から多少改善し、先物13,905円台(PER14倍、日経平均型14,000円台)での節目達成が確認され右上楔売印が発生し昨週比較約14,000円台の下げで止まった事から17,700円台迄の回復上昇力において強い傾向が見られる。ゴルディロックス経済下15030円下回り三尊天井完成し下髭出して第一生命リバランスによりTopix先物が売り込まれ第一生命買戻しで裁定解消売りが発生した。三尊天井も継続となり巨大機関投資家の中にはショートスクイーズに加えロングでコールを大量に保有時売却やTopix先物コールで持過ぎ解消売の恐怖からJCDSも上昇し週足では鯨幕相場で7月SQ15,084円目指し先物を使用して下げて現物主導で買上しているのが現状である。売買高が2兆円弱台と弱く裁定解消誘発動向から先物下落で現物下落という日経及びTopix同時下落相場を演出出来た。この動向を受け円債券先物が買われ為替連動型アルゴニズム取引で14銭上下すると日経平均型160円上下する展開となった。オプション面では為替主導型割高株式先物売り割安債券先物買即ちリスクマネーのリスクオン状況に陥入った。今後の注意点としては債券及び株式が16年周期で変化するため世界中のデフレ下における債券上昇からFRBのB/S肥大化による解消時間の拡大で債券が売られ為替で80円から85円迄円高になり金利上昇が発生し日米ともに株価が下落するかに注目が集まり巨大機関投資家の持高調整にこのことが反映されないか要注意である。16年周期の転換期を迎える2014年12月から2030年迄はドル強超円安(巨大機関投資家持高調整)による株高も期待できよう。日経平均型ではAアムロが2557枚の売り越しとなった一方、UBSが2496枚の買い越しとなった。GS社はTOPIX先物持高調整売買を構築しているとの観測であることから巨大機関投資家に対して個人はTopix型主導の買戻有効相場となっています。これらを受け、続落で5日、25日線を割り込んでおり、直近で空けた下のマドをほぼ埋める格好に。ボリンジャーバンドではバンドが収斂する中、中心値(25日)を挟んでの+1σと-1σとのレンジ内での推移。一目均衡表では転換線の攻防。一時これを割り込んだが、基準線レベルで下髭を残す格好に。ただし、遅行スパンは6月戻り高値水準にくるため、実線を割り込む格好での下方転換シグナルを発生させてくる可能性がある。MACDはシグナルの低下とともに下向きに推移しており、陰転シグナルが継続している。戻り高値圏でのこう着ではあるが、短期的にはやや慎重スタンス。大引高値引けと、ローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「陽の丸坊主」が出てきている。
<3か月毎買周期>  
これは、「Vix指数が2月、5月、8月、11月に上昇すると、MSCI世界株指数が2月、5月、8月、11月に下がる。」という所に着目したものでこの月に買を入れていくと他の月で売却すれば利益が出るというもので、これに「円高時に買い、円安時に売却する」という理論を加えると、矢野新投資情報黄金比率投資法と変わらなくなる。
MSCI31日組入(買、K氏こと兜町赤鬼氏銘柄)銘柄:ガンホー、ユナイテッド、東京建物、阪急阪神、大塚HD、太平洋セメント、ネクソン、任天堂
MSCI31日除外(売り)銘柄:ほくほく、広島銀、KDDI、MS&AD、板硝子
【総合乖離率比較法分析】 
画像

【日経平均先物一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】 
画像

【前日の相場】
日経平均株価15,284.42円前日比▽44.14円▽0.29%
日経平均先物15,300.00円前日比30.00円 0.20%
TOPIX 1,269.86ポイント前日比▽2.53ポイント▽0.20%
東証二部3,871.29ポイント前日比▲18.12ポイント ▲0.47%
NT倍率12.04倍←次回円高時買戻期待
日経平均先物 25日移動平均乖離率 15,310.41円▽0.17%
日経平均先物 75日移動平均乖離率 14,789.47円▲3.35%
日経平均先物200日移動平均乖離率14,890.68円▲2.64%
総合乖離率▲5.82%(∴安値圏)←英米国市場上昇なら上昇
東証一部騰落レシオ101.74%前日比▽4.66←76%以上次回円高時強気買戻、70%以下売られ過ぎ

東証一部市場出来高19億5,565万株
東証一部市場売買代金1兆7,935億08百万円

日経平均先物7月限オプションSQ 確定値は15084.06円 
Topix先物7月限オプションSQ(特別清算値)確定値は1248.71pポイント
■保有株簿価3月月中平均:日経平均約14,693.83円、Topix1,190.57ポイント以上売対象←これ以上だと利確有

値上銘柄数 792銘柄43%値上
値下銘柄数 872銘柄48%値下
不変銘柄数 152銘柄8%不変  
日経ジャスダック平均 2,200.77円 前日比▲2.68円▲0.12%
東証マザーズ 926.15ポイント前日比▲1.98ポイント▲0.21%

TOPIX 25日移動平均乖離率1269.61ポイント▲0.02%
日経JQ25日移動平均乖離率2,177.60円 ▲1.06%
 
Vix(恐怖指数):11.52ポイント前日比▽5.88%←20ポイント以下且つ前日比▽は買日乖離
平成26年7月24日JCDS スプレッド67.23bps(前日比▽1.45%)
ドル/円101円46銭(1銭円高) EURO/円136円39銭(23銭円高)
矢野新投資情報概念通り円高時に仕込み円安時に売却済の方は正解!

週間ベース↑51.67円、↑0.34%
 
24日外資系売買動向:売り940万株、買い650万株で▽290万株 売越有利
24日プライムブローカー動向権利
・Cスイス   日経平均型▽704枚    Topix型▲580枚  
・モルガン    日経平均型▲211枚  Topix型▲234枚
・ニューエイジ  日経平均型▽1,402枚    Topix型▽811枚
・ゴールドマン  日経平均型▽246枚    Topix型▲651枚
・野村證券    日経平均型▲1,598枚  Topix型▽763枚               

新高値安値銘柄 新高値 83銘柄 新安値4銘柄(上昇条件:新安値1桁で新高値より極少の場合)
(利食条件;新高値=20以上且新安値=一桁のケースは例外なく利確)
(底値反転条件:新高値1桁で新安値200を超える三桁)
日経平均先物9月物は15,300.00円、前後場合計の売買高3万4,397枚
日経平均先物(SGX) 9月物15,300.00円
TOPIX先物9月物1,272.0ポイント、 日中の売買高が3万4,922枚

【24日割高株式先物売後、割安債券先物買戻動向】
画像

米国株式は高安まちまちと方向感に欠ける展開だったこともあり、225先物は前日終値水準での小動きで取引を開始。寄り前に発表された6月の貿易収支は24ヶ月連続の赤字となったが指数、為替への影響は限定的となった。午前中は薄商いの小動きとなったが、午後ややまとまった売りが入り下げ幅を100円まで広げる場面も見られた。ただ、オーバーナイトのポジション構築は回避され引けにかけては買戻しが入り15300円台で取引を終えた。大引安値引けと、ローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「陽の丸坊主」が出てきている。
【注意点】
HF解約予告は5月、SECに登録しているHFの解約支払いは6月12月なので5、6、12月は割安で買える月である。

【Topix先物一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】
画像

本日は続落調整となった。総合乖離率比較法の考え方によればTopix換算では其々-20%が800p、-5%が905p、0%が1,000p、15%が1,100pとすると-20%~-5%の間を揉合後、売残が無くなり0%に向け上昇傾向に戻れ現在は-10%を上まわる状況にある。仮に0%に行くとすると傾向として-5%へ一回は行きその後、-20%で止まり15%へ上昇する場合が過去にはあった。調整トレンドの中での-20%から-5%への修正リバウンドになり、0%に向け売残が無くなり上昇傾向に戻れる状況になっている。総合乖離率法も現在では10%以上改善していることから上昇力は強いのは事実である。ゴルディロックス経済下15030円下回り三尊天井完成し下髭出して第一生命リバランスによりTopix先物が売り込まれ第一生命買戻しで裁定解消売りが発生した。三尊天井も継続となり巨大機関投資家の中にはショートスクイーズに加えロングでコールを大量に保有時売却やTopix先物コールで持過ぎ解消売の恐怖からJCDSも上昇し週足では鯨幕相場で7月SQ1248.71p目指し先物を使用して下げて現物主導で買上しているのが現状である。売買高が2兆円弱台と弱く裁定解消誘発動向から先物下落で現物下落という日経及びTopix同時下落相場を演出出来た。この動向を受け円債券先物が買われ為替連動型アルゴニズム取引で14銭上下するとTopix型11.5p上下する展開となった。オプション面では為替主導型割高株式先物売り割安債券先物買即ちリスクマネーのリスクオン状況に陥入った。今後の注意点としては債券及び株式が16年周期で変化するため世界中のデフレ下における債券上昇からFRBのB/S肥大化による解消時間の拡大で債券が売られ為替で80円から85円迄円高になり金利上昇が発生し日米ともに株価が下落するかに注目が集まり巨大機関投資家の持高調整にこのことが反映されないか要注意である。16年周期の転換期を迎える2014年12月から2030年迄はドル強超円安(巨大機関投資家持高調整)による株高も期待できよう。Topix型ではBNPパリバが1337枚の買い越しとなった。GS社はTOPIX先物持高調整売買を構築しているとの観測であることから巨大機関投資家に対して個人はTopix型主導の買戻有効相場となっています。これらを受け、膠着。前日の価格レンジ内での膠着となっている。上昇する25日線を支持線としているほか、ボリンジャーバンドでは中心値と1σとのレンジ内での推移。バンドは収斂してきており、煮詰まり感が意識されてきている。一目均衡表では転換線が支持線として機能している。MACDはシグナルとも下降しながら陰転シグナルが継続している状況。週足の一目均衡表では雲上限を上回っての推移であり、遅行スパンの上方転換シグナル発生が近づいている。戻り高値水準での持合が続いているが、中期トレンドでは上昇する13週線なども支持線として意識されるため、リバウンド形状は継続。ただ、短期的にはボリンジャーバンドが収斂しており、短期的には煮詰まったところで下も警戒される。大引中値引けと、ローソク足はテクニカル的に先安見込を示す「小陰線」が出てきている。

【日経JQ平均一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】
画像

テクニカル面では株価は、2月3月戻高値及び2,000円節目天井圏超えに加え7/15高値から7/18安値のフィボナッチ61.8%戻超を形成し、50日移動平均線、75日移動平均線を超えた格好でゴールデンクロス状況になっている。一目均衡表上では株価は転換線及び基準線を下値支持線とし遅行線が上向きかつ雲上抜で位置している。ボリンジャーバンドでは基準線から+1σの所に存在してローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「小陽線」を形成し2013年12月以来の高値2,000円台にいる。さらにRSIがV字買印になりDMIではPDIシグナルが上向きに転じたため続伸になっている。レンジ的には1,280円~2,200円の範囲で上下動しパラボリックが陰転していて、15日周期の上下動を繰り返す戻試しの形になった。売過修正、政策絡み銘柄及び業績改善材料銘柄に引き続き買戻が入ってはいるので更なる反発期待の瞬発的買戻しは今後も期待できるため注意すべきであろう。
24日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は3日続伸した。大引けは前日比2円68銭(0.12%)高の2200円77銭で、7月8日以来、約半月ぶりに年初来高値を更新した。2007年2月以来、約7年5カ月ぶりの高値水準。相場全体で手掛かりを欠くなか、前日の米株式市場でナスダック総合株価指数が続伸したことを受けてバイオやゲームなど値動きの軽い銘柄に買いが入った。ジャスダック市場の売買代金は概算で1168億円、売買高は1億4839万株。主力銘柄で構成するJASDAQ―TOP20は3営業日ぶりに反落した。日本通信やDWTI、ブロッコリーなどが上昇した。日本マイクロやガンホー、セルシードは下落した。

【東証マザーズ一目均衡表・ボリンジャーバンド分析】 
画像

株価は3月4月戻高値越え及び7月11日安値から7月15日高値でのフィボナッチ61.8%押を超え節目999p直近高値調整終えに加え右下楔形成確認があることから当社予測通り続伸した。1月23日戻り高値に行き切れず米国モメンタム株回復で3月高値含め2回二番天井で7月高値より下り始めマザーズにもハイテクが多いため影響した。米国中間選挙の時ラッセル2000等中小型株についてパフォーマンスが悪く5日移動平均線が25日を下回りそうになるミニデッドが散見されるため夏枯れ相場警報に要注意で株価は25日線移動平均線を下値支持線にし、75日移動平均線、及び50日移動平均線を上方向に貫き6月27日で反転し、6月27日に底値サイン(安値圏三兵)を迎え一旦反発しゴールデンクロス状況にはなっている。昨年来高値を上回り、一時的には564pが下値節目として注目され500.0p~1200.0pの範囲で欧州不安を取り返す震災回復出遅修正銘柄買傾向で上下動になった。一目均衡表では株価は転換線を上へ貫き基準線双方とも下値支持線になり遅行スパンは上向きに転じている。パラボリックは陽転している。ボリンジャーバンドでは基準線~+1σにいる状況になっている。さらに、ローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「陽の寄付坊主」を形成し雲上抜付近にいる。売過修正及び業績改善材料銘柄に引き続き好業績銘柄に買戻しが入りこれとともにSNS関連、FB、SB等が影響し上下している。RSIがV字買印であり更に売買代金が若干微増のみでDMIシグナルから上向き傾向が読み取れるので要注意である。
東証マザーズ指数も4日続伸した。大引けは前日比1.98ポイント(0.21%)高の926.15だった。ミクシィやイグニス、サイバーなどが上昇した。サイバダインやADプラズマ、ディディエは下落した。

【Put-Callレシオ分析】  
画像

【出典】松井証券より当社資産運用管理事業部加筆掲載

Put-callレシオが弱気になり日経平均及びTOPIXは続落した。日経平均オプション8月物はコールが総じて売られた。

本ブログは投資判断の参考となる情報及び当社役員の感想の提供を目的としたもので、特定の銘柄の投資勧誘を目的として作成したものではありません。当ブログは「金融商品取引法」及び「投資信託及び投資法人に関する法律」に基づく開示資料ではございません。
国内外の株式は値動きのある商品であるため、損失を被る可能性があります。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等については、欠落・誤謬などにつきその責を負うものではなく、何ら保証するものではありません。なお、各商品等には価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。商品毎に手数料等およびリスクは、異なりますので、当該商品等の契約締結前交付書面、上場有価証券等書面、目論見書、等をよくお読みください。

矢野新ホールディングスグループ
矢野新商事株式会社
関東財務局(金商)第1995号(第二種金融商品取引業及び投資助言代理業)
損害保険代理業(代理店コード 1302099)
不動産投資顧問業(一般 第998号)

当社へ御提供された情報等は、当社の取扱商品の助言・勧誘・販売等およびそれらに関するサービスのご案内をおこなうための他、当社の利用目的の範囲内で利用させていただきます。
なお、当社における個人情報の利用目的の詳細は、当社ホームページ等をご覧ください。
コード 銘柄名 騰落率
6620 宮越HD 16.32%
6973 協栄産 11.78%
1969 高砂熱 10.94%
6409 キトー 10.35%
7968 TASAKI 10.17%
4971 メック 5.57%
2772 ゲンキー 5.26%
3048 ビックカメラ 5.05%
8060 キヤノンMJ 4.83%
9991 ジェコス 4.82%
6458 シンコウ工 4.25%
8137 サンワテクノス 3.87%
6055 Jマテリアル 3.83%
1942 関電工 3.28%
9842 アークランド 3.21%
7599 ガリバー 2.87%
4326 インテージHD 2.86%
6316 丸山製 2.61%
6773 パイオニア 2.24%
4333 東邦システム 2.17%
1417 ミライトHD 2.14%
2290 米 久 2.10%
9739 NSW 2.06%
5659 日精線 1.94%
6814 古野電 1.93%
3387 クリレスHD 1.70%
2269 明治HD 1.54%
4092 日本化 1.35%
2309 シミックHD 1.19%
8255 アクシアル 1.16%
6479 ミネベア 1.14%
1980 ダイダン 1.12%
7970 信越ポリ 1.10%
8043 スターゼン 1.01%
2378 ルネサンス 0.96%
4839 WOWOW 0.94%
1820 西松建 0.86%
2281 プリマハム 0.73%
9531 東ガス 0.73%
3593 ホギメディ 0.69%
8304 あおぞら 0.57%
9202 ANA 0.56%
3391 ツルハHD 0.51%
7966 リンテック 0.43%
9616 共立メンテ 0.43%
4679 田 谷 0.38%
7594 マルカキカイ 0.36%
6503 三菱電 0.33%
1973 NESIC 0.27%
3635 コーエーテクモ 0.27%
6367 ダイキン 0.24%
1881 NIPPO 0.16%
6702 富士通 0.16%
3176 三洋貿易 0.15%
4063 信越化 0.14%
2607 不二油 0.12%
6370 栗田工 0.12%
6448 ブラザー 0.10%
9601 松 竹 0.10%
6768 タムラ製 0%
9532 大ガス -0.02%
4928 ノエビアHD -0.08%
9021 JR西日本 -0.15%
9042 阪急阪神 -0.16%
2801 キッコーマン -0.22%
2229 カルビー -0.32%
4021 日産化 -0.39%
9413 テレ東HD -0.43%
8058 三菱商 -0.46%
8244 近鉄百 -0.51%
1824 前田建 -0.57%
9008 京 王 -0.61%
9602 東 宝 -0.76%
5333 ガイシ -1.27%
4775 総合メディ -1.36%
6412 平 和 -1.39%
6796 クラリオン -1.43%
6594 日電産 -1.58%
6883 電産コ電 -1.94%
6952 カシオ -2.10%
4612 日本ペ -2.13%
6770 アルプス -2.83%
5331 ノリタケ -3.06%
株式常勝軍団225 http://blog.ilinkinvestment.com/
楽らく四次元増田足http://www.masudaasi.com/masudaasi/usage401/
『日刊チャート新聞』http://www.masudaasi.com/chartshinbun/
みんかぶ、ロングプレスインベストメント、ロングプレイスインベストメントhttp://minkabu.jp/
日本製紙http://www.fukeiki.com/
長瀬産業http://houhen.jugem.jp/
NAS電池http://plaza.rakuten.co.jp/trader/
聖路加http://www.luke.or.jp/
平石(貴久)クリニック http://www.hiraishiclinic.com/
セーフリッチ 金子哲雄、http://www.safe-rich.jp/
ラジオ日経http://market.radionikkei.jp/kabunakama/analyst/entry-210526.html
協和発酵バイオ「オルニチン」http://www.kyowahakko-bio.co.jp/healthcare/ornithine/
JCブレイン投資顧問http://www.jc-brain.co.jp/
スーパートレーダーの部屋、S教授!次はどの株買えばいいんですかhttp://airw.net/kabu/
ジュール投資顧問、ケンミレ、フィスコ、ピクテ、福田萌http://best10.omiki.com/
埼玉スタジアム、AKB48 総選挙、川栄李奈、大島優子, 前田敦子http://jin115.com/
時々の鐘の音、嫌韓(嫌菅)、反韓(反菅)http://www.kanenone.com/
日本精工http://blog55.neec.ac.jp/
Yahooファイナンスhttp://finance.yahoo.co.jp/
SBI https://www.sbisec.co.jp/ETGate 前田敦子, キングソフト マグライト
楽天証券 https://www.rakuten-sec.co.jp/ テザリング au iphone5、ソフトバンクsoftbank
ストックボイスhttp://www.youtube.com/user/stockvoice?ob=0&feature=results_main
日経平均 GDP ソチ五輪 NYダウ 円相場http://www.google.co.jp/trends/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック