矢野新ホールディングスグループ矢野新商事株式会社提供:黒字会社で外国籍学校卒業生が採用される理由

皆様、こんにちは、1月12 日は火曜日第二種金融商品取引業者、
関東財務局(金商)第1995号、損害保険代理業、
不動産投資顧問業(一般 第998号)の登録をうけております
矢野新ホールディングスグループ 
矢野新商事株式会社が提供する社長ブログでございます。

今後ともわかり易い、早い、便利をもっとうに頑張ってまいります。

最近色々な会合に出て聞いてみて驚いているのが、

黒字企業でもハーバード、ケンブリッジ、等の外国籍学校卒業生が

多く採用検討され出してきていることだ。

しかも面接重視の傾向だ。なぜなのか考えてみると、

共通点はFX業者も含めグローバルスタンダードで勝負する企業が

多くなったためではなかろうか。

確かにコネクションを広く持つ学生であればより確実な情報が

瞬時に判別できるためこの方法を検討し採用した企業が多いようである。

共通した試験形態は面接重視の傾向だ。

逆に国内重視の我が社のような会社は筆記試験重視なので、

確かに面接官の感情の入る余地はない。そこからすると国内企業

重視の学生さんは恐らく我が社の方が向いているだろう。

一方で黒字企業の中でもグローバルスタンダードで行っている会社は

どうやら、東大などを卒業した外国学生の人を採用して優秀だと気付いてから

直に業務を展開する国でトップの大学の学生を入れる方が手っ取り早いという

結論に達したようだ。

そうすると、国内重視でやる気のある金融機関就職で保持していた方が

有利に働く資格を持つ学生はどうしたらよいのだろうか。

その答えは簡単である!!

面接試験だけで決める会社は避けて、当社のような筆記試験重視の所で

4年就業し5年目に大企業からスカウトされるのを狙った方が手っ取り早いとも

考えられる。これからは、企業では国籍で選ぶのではなく世界ネットワークも

含めたグローバル人材が必要であるため、外国籍学校卒業生で優秀な人材が

多く日本企業でも採用されるように変わってくるのだろう。

国内で勝負したい自信のある学生さんは

リクナビ2011(http://job.rikunabi.com/2011/company/top/r758110001/)

お待ち申し上げています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック