矢野新ホールディングスグループ矢野新商事

アクセスカウンタ

zoom RSS 『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来?

<<   作成日時 : 2016/04/22 20:23   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

JIN−仁―社長(みずほ銀行出身)が期待する円高対策済みメガ機関投資家大好評銘柄U!?
http://yanoshinheadoffice.at.webry.info/201003/article_1.html

燃料業界動向 垣見油化株式会社様、ロングブレスインベストメント http://www.kakimi.co.jp/2k7040.htm

快適な人材採用計画・上品なWEB制作なら千代田広告社様
http://www.chiyoda-ad.co.jp/

オリジナルユニフォームの企画、製造、販売の企業
ミスズユニム株式会社様
http://blog.livedoor.jp/misuzu_unim1950/

信頼と実績の広告社:ダイアコミュニケーションズ様
http://www.dia-gr.co.jp/

高級イタリア製革製品、“IPAM”をお探しの方は次の住所まで
株式会社 大喜屋様
新着情報 : http://www.taikiya.co.jp/whatsnew.html
商品情報 : info@taikiya.co.jp

ダイコク電機
http://www.daikoku.co.jp/

ライフタイム インベストメントhttp://www.shopjapan.co.jp/goods/LTI01 
独立系GS
http://blue.ap.teacup.com/chumi/

宇都宮の旅館で困ったら
http://www.mikazuki.co.jp/kinugawa/
税務コンサルはhttp://www.ik-g.jp:80/   

ヤマト運輸、郵船ロジスティクス <9370>
http://jp.ibtimes.com/articles/14195/20110202/64370.htm

次に日経平均先物を見てみましょう。
日経平均先物動向分析についてはこちら日経平均先物を御参照下さい。
【特記事項】
日経平均先物6月限は配当権利落ち日(3/29)までの期間、配当の価格分安く取引される為に先物と日経平均の価格差が発生します。3月の日経平均の予想配当落ち額は112.8円ですので、先物理論価格は日経平均より(金利分考慮無しで)112.8円安くなります。
<3か月毎買周期>  
これは、「Vix指数が2月、5月、8月、11月に上昇すると、MSCI世界株指数が2月、5月、8月、11月に下がる。」という所に着目したものでこの月に買を入れていくと他の月で売却すれば利益が出るというもので、これに「円高時に買い、円安時に売却する」という理論を加えると、矢野新投資情報黄金比率投資法と変わらなくなる。
MSCI組入(買、K氏こと兜町赤鬼氏銘柄)銘柄:日本郵政、昭和HD、CYBERDYNE、かんぽ生命、ユナイテッド、東京建物、阪急阪神、大塚HD、太平洋セメント、ネクソン、任天堂、ソニー
MSCI31日除外(売り)銘柄:ほくほく、広島銀、KDDI、MS&AD、板硝子

では、需給面を確認するために「仮需比率 対日経平均先物」を見てみましょう。

【仮需比率VS日経平均先物】
画像

昨年末迄は「株式先物買継続ヘッジ手段として為替債券先物売」であったポジショニングが米国利上げ及び産油国地政学的リスクに波及される資源エネルギーブーム終息による悪影響による原油安から来るドル安円高を引き起こし「債券先物買継続しヘッジ手段としての株先物売」に変化した。【裁定買残動向】を見ると12月初めまで裁定買残を積上げここから下落即ち現物売りになった。裁定買残が減少するとその分先物売却して利益を出す裁定解消売りとなる。ヘッジファンド系の裁定取引を使った形での売り圧力を行使した世界協調介入後各国策督促を目指す圧迫作用になっている。仮需比率からも円高時の仕掛買には良い状況に下げさせた。即ち市場を振らす為の圧力に使われた。赤丸で示すように仮需比率では矢野新投資情報買場が出現もしている。一方で裁定売残動向分析チャートではピークを迎えてから逆V字(腰折)に成っているがこれは現物株の利益確定の投資家及び投げ売による換金化がいたために発生している。2月18日から19日かけ仮需比率が1%近くに上昇傾向になったために裁定解消が始まり大引けでは下落した。結果として裁定買残が減少し裁定売残が上昇した。やはり餅つき相場であろう。1月29日から2月12日までに裁定解消売りが激しかったために裁定解消売りのほかに追証による投げや利確から逆V字(腰折)が裁定売残チャートで発生し、裁定買があったため大引け上昇し裁定買残がチャート上発生した。【評価損益率対日経平均先物動向比較】でも基準が15,500円から14,400円に低下し「矢野新投資情報黄金比率投資法買場幅」に達しているため来週以降下落時に押目拾いが効果が出易いだろう。裁定買残が減少し1兆8千3百億円になりの舵手生じの推移順になった。将来売り圧力になるだろう裁定買で金利コスト0以下で裁定買を保持し易くなったためいつ上昇しても良い状況にいる。裁定買を持つとコストが掛かったがマイナス金利導入でコストが無いため売る必要がない。日経VIは36とと未だ高い。為替で操作されることからオプションが安定せず円高バイアスがある。オプションも下が買っているVIが上昇しつつ下落し、25日移動平均線がバリアだが下値切上げ型・上値押え方の逆フラッグになっている。但し仮需比率が1%以下に抑えることが出来ているため大きく下落するための建玉が無いため3月4日迄は買戻が多かった。これに関しては専門家の中でも異論は無いだろう。7日から11日まで注意することは3つあった。1つ目は仮需比率決定要素となる信用評価損益率、裁定買残、裁定売残、東証1部市場時価総額の中で裁定買残の動向を常に確認しなければいけない。なぜなら、裁定業者が売り物を出す人で売り物を多く出すためには裁定買残を増やせば良い事が納得できるだろう。これによりSQ値が暴落させることも出来た。投機的買いが多く自動決済に任せた人が多いため裁定買残が多くなり売り物がでた。2つ目はオプション操作により決まる日本版Vix指数である日経Vi先物の高さである。30もあったためSQ値も大幅動した(大幅に振れた)。これはドラギマジックの成果で期待以上を持たせつつ失望させる見事な戦略である。その証拠にユーロでは下髭陽線が描かれ、株では上髭陰線が描かれた。3つ目は建玉密集性の検索である(オプション建玉の密集地帯がどこかを捜す)。今回は145ドル(16,500円相当)コール建玉から150ドル(17,000円相当)コール建玉で事実この範囲でSQが決定した。150ドル(17,000円相当)コール建玉をこえるとストライク刻みになっている。そこで振り返ってみると裁定買残が少ないため波乱無くSQ値暴落無く(売り物でず)ロールオーバーも含め終了した。そこで日本時間では中身をマーケットが消化し意味ある切り替えしを示す陽線で最後の記者会見を読む形(陽の陽孕)となった。更に注意すべきはマイナス金利導入で金利差開くのに円高になるのはなぜかと言う点である。これは日本経済デフレ兆候に未だ日本が直面している査証といえよう。解り易いのが銀行業界でこの業界の帳簿で考えると銀行は借金を返すべきとバランスシート改革に迫られる。つまり負債を返す。リストラは勿論の事、運用部門では対外資産(外貨)を売却して日本円を買うことで日銀との借金は返済される。この流れで円高が加速する。実質的に通貨量が減少するかが疑義されている。マイナス金利利用で自社株買および大型で高収益・高格付・資金使用が行い易い業界銘柄が狙われ易い。そうすると大型で高収益・高格付・資金使用が行い易い業界銘柄といえばニューソブリンや、不動産関連銘柄やゼロクーポン銘柄なので「ニューソブリン買い対シクリカル売り」も理解できる。裁定買残が減少し裁定売残が増えた後裁定買残が利益確定され、裁定売残を利益確定した後現物の売りが発生し大規模な下落圧力になる仮需比率が1%近くまで上昇したため上昇後翌日から続落が出てきている。これが相場に織り込まれ解消するまでは下落は避けられないだろう。3月29日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均及びTOPIXが反落したことです。日経平均オプション6月物は、株式相場の上昇を受けてコールは総じて上昇。一方、プットは下げた。3月期末の配当権利落ちに伴って寄り付きが前場では安くなり、FOMC委員の利上げ報道から来る円安推移により127円分配当落ちを全て埋められなかったが100円高となり大幅上昇ではないが裁定買いを誘う先物買い支えもあり17,000円台(ドル建て150ドル)台の相場となった。日経平均EPSが下落基調のため巨大機関投資家は好んで資金投入が難しいため中小型営業CFのしっかりしたニューソブリン銘柄に買いが集中し一部のシクリカル銘柄に若干買いがあった。仮需比率を見ても分かるように裁定買残が発生はしているものの少なく利益確定も入り裁定売残から見て調整がここの所入り利益確定のV字が発生していることから1%近くに仮需が成っている。そのため売買代金が少ない上に裁定解消などがあったため17,000円台(ドル建て150ドル)台の相場の壁が厚く上昇しにくかった。原油も安定しVix・JCDS指数がマイナスでいることから裁定買が入れば3月31日相場は上昇しても可笑しくないだろう。4月1日の相場観で重要なことは、Put-callレシオが投資家心理で弱気になり日経平均及びTOPIXが続落したことです。日経平均オプション4月物は、株式相場の下落を受けてコールは総じて下落。一方、プットは上昇した。ドル建日経平均では5ドル19k安で始まり寄り前発表済み日銀短観悪化報道を受け裁定解消を誘う先物売が加速し146ドル台でリバウンドを見せたものの後場は145ドルから先物売を開始し144ドル台で一時持合下放形となり143.69ドル迄下げた後反転し144.02ドルで大引けを迎えた。ボリンジャーバンドでは−1σから-2σの間に位置し一目均衡表では基準線及び転換線を割り込み、一気に雲下限レベルまで下げてきている。想定為替レート117円より実勢為替レートが悪化し企業業績懸念より増益発表でもモメンタムが悪化していることから週足転換線141ドルでの自立反発期待はあるが弱気相場であるため一時的浮上後、年度末まで値持ちが良かった分の売仕掛けもさらに入り産油国巨大機関投資家の利確が4月までは続くのは仕方がないだろう。今は政策督促相場入りになっている。4月12日からは裁定買残及び裁定売残が利確(逆V字)となり仮需比率が1%以下で下向きゆえ売り圧力がなくなり上昇している。信用評価損益率からみると買場が確かに来ているので現在面白いだろう。実際に裁定積み上げをするため割高な先物を売却し割安な現物買を行なっている。これゆえ上昇している。仮需積み上げで上昇する可能性が高い。21日は狙い通りの急騰であったため22日は調整やむなしだろう。

【裁定買残動向】
画像

【裁定売残動向】
画像

【評価損益率対日経平均先物動向比較】
画像


その上で相場環境を確認してみましょう。
【前日相場】
日経平均株価17,572.49円 前日比▲208.87円▲1.20%
日経平均先物17,570.00円前日比▲160.00円▲0.92%
TOPIX 1,407.50ポイント前日比▲13.82ポイント▲0.99%
東証2部指数4390.09ポイント前日比▲6.30ポイント▲0.14%
NT倍率12.48←次回円高時買戻期待
日経平均先物 25日移動平均乖離率16586.60 円▲5.94%
日経平均先物 75日移動平均乖離率16702.92 円▲5.21%
日経平均先物200日移動平均乖離率18290.73 円▽3.93%
総合乖離率▲7.22%(∴安値圏)←英米国市場上昇なら上昇
東証一部騰落レシオ108.70%前日比▲2.68←76%以上次回円高時強気買戻、70%以下売られ過ぎ

東証一部市場出来高30億1,111万株
東証一部市場売買代金2兆7,889億33百万円

日経平均先物4月限オプションSQ 確定値は15,507.59円 
Topix先物4月限オプションSQ(特別清算値)確定値は1254.51pポイント
■保有株簿価3月月中平均:日経平均約16,897.34円、Topix1,358.34ポイント以上売対象←これ以上だと利確有

値上銘柄数 1175銘柄 60%値上
値下銘柄数 637銘柄 32%値下
不変銘柄数 140銘柄   7%不変

日経ジャスダック平均2,484.71円 前日比▽0.89ポイント▽0.04%
東証マザーズ1221.50ポイント前日比▽4.92ポイント▽0.40%

TOPIX  25日移動平均乖離率1338.31 ポイント▲5.17%
日経JQ 25日移動平均乖離率2435.60 円▲2.02%

Vix(恐怖指数):13.95前日比▲5.05%←20ポイント以下且つ前日比▽は買日
平成28年4月22日JCDS スプレッド65.87bps(前日比▽1.79%)
ドル/円110円31銭(87銭円安) EURO/円124円60銭(1円3銭円安)

style=color:#e00>矢野新投資情報概念通り円高時に仕込み円安時に売却済の方は正解!

週間ベース↑724.46円↑4.30%

22日外資系売買動向:売り1,250万株、買い550万株で▽700万株買越有利
22日プライムブローカー動向権利
・Cスイス   日経平均型▽404枚 Topix型▽271枚
・モルガン   日経平均型▲1,785枚 Topix型▲69枚
・ニューエイジ  日経平均型▽1,156枚 Topix型▲446枚
・ゴールドマン  日経平均型▲323枚 Topix型▽492枚
・野村證券    日経平均型▽1,769枚  Topix型▲641枚

新高値安値銘柄 新高値55銘柄 新安値6銘柄(上昇条件:新安値1桁で新高値より極少の場合)
(利食条件;新高値=20以上且新安値=一桁のケースは例外なく利確)
(底値反転条件:新高値1桁で新安値200を超える三桁)
日経平均先物6月物は17,570円、前後場合計の売買高が7万3,478枚
日経平均先物(SGX)6月物 17,565.00円
TOPIX先物6月物 1405.50ポイント、 日中の売買高が5万8,441枚

巨大機関投資家軍団が大好評の訳有巻・買戻出遅低位高配当好感銘柄としては日産、OSGコーポ、三信電気、三光合成、黒田電気、野村HD、日本電産、さくらネット、ラクーン、ソニー、アリアケ、ツルハ、良品計画、テーオー、ドーン、ファナック、富士フィルム、村田製作所、イビデン、伊藤忠、 NYダウドルヘッジ、古河電池、ソフトバンク、フマキラ、日産、日水、平和不動産、浜井産業、琉球銀行、キヤノン、リロHD、テクノスJ、FVC、 J日400、トレファク様、ユアサ、りそな、野村オフィス、森トラスト、森ヒルズ、ブリヂストン、JR東日本、JR東海、ニトリ、日本リテールファンド、損保ジャパン・グローバルREITファンド等が「日本株大型ファンド1203」、「利回り株チャンスオープン」等採用買戻銘柄とだぶる極少銘柄!!

【22日割高債券先物売却後、割安株式先物買戻動向】      
画像

米国株が売られたほか、NY原油価格も上げ一服となったことなどから、日経平均先物は反落で取引を開始した。為替市場も目立った動きが見られず午前中は17300円レベルでのもみ合いとなったが、午後様相が一変。日本銀行が金融機関への貸し出しにもマイナス金利適用を検討と伝わったことから、現物市場では銀行株が急騰。ドル・円が110円台を回復したことからリスクオンの流れが強まり一気に切り返す展開となった。日経平均先物の手口では、野村、三菱UFJが1000枚超買い越した一方、モルガン、Nエッジが売り方上位に並んだ。TOPIX先物では、ドイツ証券が2461枚買い越した一方、UBSが売り筆頭となった。
大引高値引けと、ローソク足はテクニカル的に先高見込を示す「陽の丸坊主」が出てきている。
【注意点】
HF解約予告は5月、SECに登録しているHFの解約支払いは6月12月なので5、6、12月は割安で買える月である。

次にTopix先物を見てみましょう。
Topix先物動向分析についてはこちらTopix先物を御参照下さい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事人間のバーンアウト
白桃書房
横山 敬子
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仕事人間のバーンアウト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

株価ミニチャートのブログパーツ
『巨大機関投資家大量売却動向』後インバウンド流新規途転買戻の星大鯨ワゴン大量買支時期到来? 矢野新ホールディングスグループ矢野新商事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる